中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルス(新型肺炎)が感染拡大しています。中国国家衛生健康委員会は1月24日、死者が25人、感染者も830人に急増したと発表しました。この前日23日には市発の航空便や鉄道の運行が一時停止されることが明らかになりました。

中国
中国武漢市
 日本国内でも、神奈川県在住の中国人男性に続き、24日には日本に旅行で訪れた武漢市在住の40代男性の感染が厚生労働省より確認されています。

 この新型肺炎について、「改めてどのような発生状況か?」「日常生活での注意点は?」「海外渡航は問題ないか?」など8つの疑問を産業医の武神健之さんに聞きました(情報は2020年1月23日23時時点)。

1. 新型肺炎「コロナウイルス」とは?

コロナウイルス
新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(出典:中国疾病予防コントロールセンター
 中国湖北省武漢市を中心に多発している新型肺炎について、産業医の私のもとにも問い合わせが増えてきています。

 そこで今回は、サラリーマンが採るべき対応について書かせていただきます。ただし、この記事は1月23日23時時点の情報をもとに書いています。状況の変化などもありますので、その点、ご理解のうえ、お読みください。

 まず世の中には様々なウイルスがあり、名前があります。例えば、季節のインフルエンザを起こすインフルエンザウイルス、口唇ヘルペスや帯状疱疹の原因となるヘルペスウイルスはやり目(流行性角結膜炎)の原因となるアデノウイルス……。

 私たちの周りにはウイルスはたくさんいます。コロナウイルスウイルスのひとつのタイプです。

 季節のインフルエンザのように、頻繁に流行するウイルスに対しては、ワクチンによる予防が効果的ですが、過去に流行したタイプでないウイルス=ワクチンのないウイルスの場合、予防が難しく感染が広がりやすいです。

 また、ヘルペスウイルスや季節性インフルエンザウイルスに対しては、対応する抗ウイルス薬がありますが、新型コロナウイルス抗ウイルス薬がありませんので、基本的な予防が大切になります。

2. SARS(サーズ)とは何が違うのか?

 2000年以降でも、いくつかのウイルスによる感染症が世界で流行しています。

 例えば、2003年頃中国を中心に流行したSARS重症急性呼吸器症候群)、2012年以降に中東で流行ったMERS中東呼吸器症候群)はいずれもコロナウイルスによるものです。2005年頃から鳥に流行った鳥インフルエンザAvian flu)や、2009年パンデミックになった2009年新型インフルエンザ豚インフルエンザ、Swine flu)は、インフルエンザウイルスによるものです。

 ウイルスの種類により、どれくらい感染が広がりやすいか(感染力)、どれくらいの重症化・死亡率なのかは異なります。SARSMERSに比べれば、現時点でわかっている新型コロナウイルス死亡率は低いです。

ウイルス

 ただ、大切なことは、ウイルスの名前よりも「動物から人に感染する」だけなのか、「人から人へも感染するか」です。

 今回のコロナウイルスは、人から人へ感染する可能性があると認識されています。つまり、発生の中心地の武漢市に渡航しなくても、感染している人からうつる可能性があります。

3. 普通の生活をしていてもいいのか?

マスク
イメージです(以下同じ)
 現時点では、感染者の多くは、武漢市滞在者か、そこで感染した人と接した人です。日本に住んでいる人が、現時点でパニックになる必要はなく、冷静に対処いただければと思います。

 過剰に心配することなく、マスク利用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めれば十分でしょう。

 また、自分自身がよく寝て、よく食べて、元気でいることが大切です。感染しにくくなりますし、感染しても、重症化を避ける効果はなくはないでしょう。反対に、日本(住んでいる地域)で、人から人への感染が確認できたときは、国の指導にしっかり従いましょう。

4. どうやって感染するのか?

 今回のような新たなウイルス感染症が発生した場合、動物から人に感染する段階と、さらに感染した人から人に感染する段階の2つに分けられます。

 人から人へ感染する場合、大切なのは、その感染経路(感染形式)です。人同士で感染しにくいほうから言うと、接触感染(胃腸炎や多くの性病など)、飛沫感染(一般的な風邪、季節性インフルエンザなど)、空気感染(結核など)があります。

 イメージとして、接触感染は、感染源となる汚物(便や嘔吐物)を触った手で口の周りを触ったり、家庭内に感染者がいる場合、同じタオルを洗面所で共有したりすることでうつります。

 飛沫感染は、くしゃみやせきで飛ぶ飛沫物で感染るとされています。空気感染は感染力が強く、感染力のある人と同じ空間(会議室や新幹線の車両)を一定時間共有するだけで感染リスクがあります。

5. 感染を防ぐにはどうしたらいいか?

 今回のコロナウイルス感染症に関しては、ワクチンがなく、抗ウイルス薬もないので、注意が必要です。まだ正式な発表はありませんが、飛沫感染と想像します。したがって、予防には、マスク(四角いマスクよりもN95がベター)が効果的でしょう。

 また、この感染症が日本でも複数確認できるようになった時は、マスク着用だけでなく、人混みに行かない、不用意な外出を避けるなども効果はあると思われます。

 感染した場合は、安静にしたうえで体力の回復を待ち、熱やせきなどの症状を和らげていく「対症療法」が中心となります。重症化して呼吸不全になった場合、人工呼吸器などを使い、呼吸の管理が大切になりますが、過度な心配は不要です。

6. 海外渡航は問題ないか?

空港

 よほどの理由がない限り、武漢市をはじめ、流行が確認されている地域に行くことは控えることが無難と思われます。企業側も出張などで社員を行かせることは控えたほうがいいでしょう。

※ 編集部注:外務省1月24日新型コロナウイルスが多発している武漢を含む中国湖北省に対し、感染症危険情報の4段階のうち、2番目に危険度の高いレベル3の「渡航中止勧告」に引き上げた。

7. 企業はどのような判断をすべきか?

 信頼できる情報に基づき、会社として判断しましょう。会社として対策をとったり、社員たちや関連会社に情報提供や指示をすることもあると思います。

 ネットニュースは刻々と内容が変わります。しかし、その信憑性がどこまで本当かわかるのは後になってからです。デマ情報や噂レベルのものに惑わされないことが大切です。

 会社として対応をする場合、ぜひ信頼できる情報源からの情報を確認し、判断しましょう。私が産業医としてクライエントにお伝えしている信頼できる情報源は、厚生労働省WHO、CDCと今回はお伝えしています。

8. インフルエンザも流行っているが…

 毎年日本では、1月最終週から2月の第1週が季節性インフルエンザのピークとなることが多いです。

 季節性のインフルエンザは、飛沫感染ですので、マスクや手洗いは有効な対策となります。他の予防と対策ですが、季節性インフルエンザに対しては、ワクチンがありますので、まだ未接種の人は接種しましょう。飛行場などの感染者がいる可能性の高いところや、飛行機新幹線などの乾燥した空気の空間で一定時間いなくてはならないところへ行く場合、心配であればマスクの着用をお考えください。

 しかし、繰り返しますが、自分自身が元気で免疫力を高めていれば、病気に感染する確率は減ります。ですので、よく寝て、よく食べて、日々笑って楽しく明るく過ごしましょう。

 もし急に38度以上の発熱を認めたり、急に咳や喉の体の節々が痛いなどの症状を認めたとき、そして、自分の周囲にインフルエンザの人が1週間以内にいたのであれば、インフルエンザにかかった可能性を疑ってください。そして、会社に行く前にお医者さんに行くことを勧めます(これは新型コロナウイルスに対しても同じです)。

 インフルルエンザ迅速診断テストを行い、インフルエンザであれば早め抗インフルエンザ薬を飲めば、比較的早期に治ります。

TEXT/武神健之>

【武神健之】

医学博士、産業医、一般社団法人日本ストレスチェック協会代表理事。20以上のグローバル企業で年間1000件、通算1万件以上の健康相談やストレスメンタルヘルス相談を行っている。著書に『職場のストレスが消える コミュニケーションの教科書』(きずな出版)などがある

※イメージです(以下同じ)