1000万円プレーヤーの出会いの場は「職場」

人材サービスのiXは1月24日、年収1000万円プレイヤーの出会いに関する調査結果を発表した。

調査は2019年8月にネット上で実施し、一都三県に住む30~50代で年収1000万円台(1000万~1100万円未満)の男性ビジネスパーソン(役員経営者、フリーランスは除く)370人から回答を得た。

2018年民間給与実態調査によると、給与所得者全体の平均年収は441万円(男性545万円、女性293万円)。年収1000円以上は5%に留まっている。

職場で結婚相手と出会う人が多いのは「職場で長時間過ごすから」?

年収1000万円台の男性で、「結婚している」と回答した人は87.9%。結婚相手と出会った場所を聞くと、1位は「職場」(40.4%)となった。

2位以降「友人の紹介」(19.1%)、「学校(学生時代)」(12.9%)、「合コン飲み会」(10.3%)、「お見合い」(7.2%)、「趣味のコミュニティ」(6.8%)、「アプリSNS」(1.8%)と続く。

iX統括編集長の清水宏昭氏は、1000万円プレイヤーの多くが職場で結婚相手に出会っていることについて、「仕事で多忙な人が多い1000万円プレイヤーは、職場で長い時間を過ごすことになります」と述べ、

ビジネスを円滑に進める上では、複数の部署や多くの関係者との密なコミュニケーションが不可欠です。社内で築いた良好な人間関係が、結果として結婚に発展するのは、自然な流れかもしれません」

コメントしている。