【元記事をASCII.jpで読む】

離れた場所から子どもスマホを管理・確認する簡単な方法

 そりゃ子どもスマホを使っている隣に親がいて、どんな風に使っているか、どんなサイトを覗いているのかを逐一確認できれば、スマホがらみの過ちは起こらないというものだ。

 しかし我々はそれが不可能であることを知っている。だからこそセーフ ファミリーのような管理ツールが必要なわけであり、それを活用しない理由はないというもの。セーフ ファミリーの場合は子どもを守る強力な管理機能とともに、子どもスマホ活動を離れた場所からも把握できる「アクティビティ」機能が備わっている。今回はアクティビティ機能の便利な使い方について解説していこう。

子どもスマホの「アプリWeb・場所・システム」を一括チェック

 相も変わらず息子はつかず離れずスマホを愛用している。私の端末を拝借していくときには必ず一言声をかけていくし、スマホを持ち出してポケモンハントに出かけたり、自宅での空き時間にヒゲのおじさんを操作して遊んだりしていることは、仕事をしながらの横目でもわかる。

 しかし横目は横目。どのようにスマホを使っているのか、その真実を詳細に知りたくなるのも事実だ。とはいえもちろん四六時中の監視はムリなことは十分わかっている。そこでセーフ ファミリーの機能で活用できるのが「アクティビティの確認」だ。

 親側(管理者側)のアプリパソコンスマホいずれでもOK)から登録された息子のスマホを選択して「アクティビティ」欄を参照してみる。「アプリ」「ウェブ」「場所」「システム」といった項目が表示され、それぞれにおけるアクティビティ、つまり行動を確認できる。

子どもが各アプリに「いつアクセスしたか?」がわかる

 「アプリ」からは各種アプリアクセスした日付が確認できる。アプリ名をクリックすれば、そのアプリがどのような“たぐい”のモノであるか、ストアに登録されている情報が表示されると同時に、アクセスの許可/不許可を指定したり、1日に利用できる時間の上限を指定できたりもする。

 アプリアクティビティからはストアへのアクセスも管理できるから、こっそりと勝手にアプリインストールしようとしたり、課金したりといった動作はすぐに把握できる(そもそも子どもスマホで課金処理を自由にしているケースのほうがレアかもしれないが)。

 また、私のように端末を子どもに貸し出しながら共有している場合、親がインストールしたとしても子どもには使ってほしくないアプリも少なからずあるものだが、それらへのアクセスを察知するとともに、口頭で「使わないように」と言うこともなくアクセス不可に設定できる。

next

我が子はどんなWebサイトを訪問しているのか?

 さて、アクティビティ欄の「ウェブ」からは、Webブラウザーでどういったサイトアクセスしているかを把握できる。息子はいまのところゲームプレイ以外でのWeb利用はYouTubeらい。そして閲覧する場合はYouTubeアプリからアクセスしているので、Webブラウザーは利用していないようだ。実際「ウェブアクティビティを確認してもWebへのアクセスは確認できていない。

 ……とまあ我が家のように「安心安心」とばかりは言っていられない家庭もあるだろうから、「我が子のWebアクセスについてぜひとも目を光らせたい!」というケースについても解説しよう。私が息子に貸し与えているのとは別のAndroidスマホ端末に同じくセーフ ファミリーインストールして「15歳の娘が自分のスマホとして運用しているのを管理している」と仮定してみた。このとき、Webアクセスすると以下の画面のようなウェブアクティビティが残り、URLサイトタイトルが確認できる。

 アプリについては私の息子の場合と同様に管理・制限すればいいだろう。たとえ知らないアプリでも、そのある程度の素性をアクティビティ画面から知ることができるからだ。ただしWebアクティビティ画面からは内容を把握しにくい。そのため、親自身がサイトを訪問する必要がある。

 といっても、以前の記事でも紹介したように、セーフ ファミリーの初期設定で子どもの年齢を「15歳」と指定した場合は、フィルタリング機能が自動的に設定され、アダルト系をはじめとするグレーサイトへのアクセスは遮断されている。

 そのため、セーフ ファミリーを運用し続けているならフィルタリング任せでもほぼ問題ないと思うが、一方でフィルタリングは通過したものの、親の立場で確認すると『これはアウト!』と思わざるを得ないWebサイトもあるだろう。子どもスマホ環境をしっかりと管理したいと思うなら、このアクティビティの「ウェブ」には注目しておく必要があるだろう。

我が子は今、どこにいる?

 アクティビティの「場所」には、前回解説した位置情報の設定で、特定の範囲に移動したときに記録が残る。息子の場合はそこまで位置情報で管理していないのでほぼ使っていない機能なのだが、車通りの多い道など「近づいてはイケナイよ」と約束した場所に至っていないかを確認できるだろう。

 逆に、塾などの位置情報を登録しておけば、時間通りにその場所を訪れているかどうかをアクティビティとして残しておいて後で確認することが可能だ。また、子どもが「チェックイン」機能を使って、“特定の場所に到着したときに任意でその情報を伝えた場合”にもここからその履歴を確認できる。

子どもが秘める不満を把握したい!

 アクティビティの「システム」からは、セーフ ファミリーで設定した各種ルールによって操作がブロックされた履歴、そしてリブセーフにまつわる設定変更が確認できる。ルールに抵触したことによるブロックが多いなら、ルールを見直す頃合いかもしれない。ルールを見直すための話し合い方法については次回触れることにしよう。

忙しい親に使いこなしてほしい

 ということで、今回はセーフ ファミリーの「アクティビティ」機能について解説してみた。管理機能のみに頼るだけではなく、それによって子どもがどんな行動をしているか把握することは、その後いかなるリアクションに及ぶかを判断する際に有効なソースとなる。

 会社で働きながら/家庭に居ながらにして子どもスマホをより的確に管理するために欠かせない機能だろう。

 次回は管理とアクティビティののちに発生する「子どもからの意見」をくみ取って、さらにより良いスマホ管理を進めていく手段について解説していきたい。

息子に「レミリアたんのマイクラゆっくり実況動画が見たい」と言われた回