27日(月)~28日(火) 関東平地でも雪のおそれ

画像

週末から週明けにかけて、東日本の太平洋側の山沿いや内陸で雪が降り、積雪の恐れもあります。

今日25日(土)は、華南から日本の南にかけて前線が延びており、前線の北側を中心に雨雲が広がっています。明日26日(日)になると、日本の南の前線がやや北上し、西~東日本の太平洋側の広い範囲に雨雲がかかる予想です。

東日本には上空約1,500m付近で-3℃前後の寒気が流れ込む見込みで、関東甲信地方では内陸や山沿いで雪やみぞれの降る所があるでしょう。標高の高い場所では積雪のおそれもあるため、注意が必要です。雨雲がかかる神奈川県千葉県など関東南部の平地では雪の降る可能性は低く、冷たい雨となりそうです。

週明けの27日(月)から28日(火)にかけて、前線上に発生した低気圧が本州の南岸を進みます。西日本では26日夜から雨が降り出し、28日にかけて広範囲で雨が降る見込みです。

東日本では27日の昼頃から雨が降り出すでしょう。関東甲信地方の内陸や山沿いでは降雪が続き、大雪となるおそれもあります。また、関東の平野部でも、27日夜から28日朝にかけて雪の降る可能性があります。最新の気象情報や交通情報をこまめにチェックするようにして下さい。

27日(月)~28日(火) 関東平地でも雪のおそれ