春節旧正月、今年は1月25日)の大晦日にあたる1月24日夜、湖北省武漢市の武漢火神山病院の建設現場は一晩中明かりがともり、建設チームが家族との団らんの時間をなげうって、この専門病院の建設を急ピッチで進めていた。同市は2003年重症急性呼吸器症候群SARS)の流行期間に北京で短期間に建設された北京小湯山病院を参考に、蔡甸区で建設中の専門病院を火神山病院と名付けた。新華網が伝えた。
新病院は2月3日に完成予定で、新型コロナウィルスによる肺炎の感染者を集中的に収容し治療することになる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)



その他の写真
24日夜、武漢火神山病院の建設現場は一晩中明かりがともり、専門病院の建設を急ピッチで進めていた。