漫画家のきくちゆうき先生がTwitterで連載中の、「100日後に死ぬワニ」。今回は36日目から42日目(1月16日~22日投稿)までの、ワニの1週間を振り返ります。

【その他の画像】

●先輩が主人公の魅力に気付いた――ピロピロがつなぐ恋

 不安なカウントダウンとともに、ワニの日常をつづるこの漫画。先週(29~35日目)は、バイト先の先輩への恋が行き詰まって鬱々としていたワニに、一足早い春が来たようです。通りすがりの子どもに、彼が舌をピロピロと動かしてあやす姿を見て、先輩が「キュン」と胸をときめかせたのです。

 漫画の8日目~14日目を振り返ると、ワニは8日目にも同じことをしていますし、14日目には先輩が同様にピロピロと子どもをあやしています。彼女はきっと、主人公の優しさに共感を覚えたのでしょう。職場で一緒になると、彼を意識して気が気でない様子です。

●ワニよ、すぐそばにある好意に気付かぬまま諦めてしまうのか?

 しかし、振り返れば先輩の好意がそこにある好機を迎えながら、ワニは気付かぬままふさぎ込んでいるのだから皮肉なもの。思い切ったイメチェンがスベッたり、駅員にぞんざいな対応をされてイラッとしたり、ストレスをため込むうちにとうとうバイトを辞めてしまいます。

 このままでは、あの優しいワニがおかしくなってしまう――そんな心配を振り払ってくれたのは、親友のネズミでした。平静を装うワニの態度から何かあったと察し、バイクバックシートに乗せて気晴らしに飛び出します。

 「速えー!! 速えすぎるー」とワニは大喜びで、やっといつもの笑顔を取り戻しました。ちょっとした冒険のおかげで、また元気にやっていけそう! そして本当に、ワニの恋は終わってしまうのか?

死まであと58日

漫画「100日後に死ぬワニ」