今や好感度が第一のテレビ界。「暴れん坊」と呼ばれるハチャメチャなタレントなど、ほぼ存在しない状態となっている。

「あの泉谷しげるでさえ、最近は、マメにブログツイッターを更新してファンとの交流をはかり、テレビでは料理好きの“女子力高めキャラ”になってきているのですから、かつてを知る者としては驚きです」(芸能プロ幹部)

 そう、昔の泉谷は本当にヤバかったのだ。

 その武勇伝は数あれど、テレビでの大暴れ伝説といえば、これだろう。72年8月、当時24歳の泉谷が6年続いた番組を打ち切り終了に追い込んだのだ。

 番組は、「土曜ショー」(日本教育テレビ=現テレビ朝日)。野末陳平が司会を務め、公害や自衛隊、沖縄問題などの社会問題も取り上げる、異色のバラエティー番組だった。

 その中で、「禁止!禁止!それでも歌う!!」というテーマで、反戦歌やメッセージ性の強いフォークソングなどが“放送禁止”となる、当時のマスコミのあり方について、スタジオに90人もの若者を招き議論を戦わせることとなり、反戦歌「戦争小唄」が放送禁止にされている泉谷がゲストに呼ばれた。

テーマテーマだけに、当然、おとなしく終わるはずもなく、泉谷は生放送の番組で『戦争小唄』を熱唱。さらに、女性のアノ部分の表現が含まれる『先天性色情魔』をも歌いだしたんです」(テレビウオッチャー)

 これだけであれば、まだヤンチャな歌手で済んだ可能性もあるが、勢い余ってこんなことまで言い出したのだ。

「番組にスポンサーが口出して大きな顔をするのは時代遅れ。くだらないCMなんてやるな!」

 さらに、なんと生コマーシャル用の商品を、「こんなもんがウマいはずないじゃないか」と斬って捨てたのである。

「番組は、その直後の改編でなくなったことは言うまでもありません。泉谷も、同局から当面の出演NGを食らいました」(前出・テレビウオッチャー)

 こんな型破りなパフォーマンステレビで見られることはもうないだろう。

(露口正義)

アサ芸プラス