ワンちゃんも高齢になると、朝晩2回行っていたお散歩が1回になったり、「足腰が弱って歩けないから、まったく行かなくなった」という飼い主さんもいることと思います。

【画像:お散歩を楽しむ犬】

 ワンちゃんが元気な頃は、外でトイレをさせるのも散歩の目的だったと思いますが、たとえおうちでトイレができたとしても、外の空気に触れるのはとても大切なこと。季節や気候の変化、草木の匂いなど、さまざまな刺激を肌や五感で感じたり、元気な頃に会っていたワンちゃん仲間に会うのも、言葉は話せなくても、気持ち的にとても大事です。

 もう歩くことができない子でも、抱っこやカートで外に連れ出してあげるのは、老化防止にも効果的です。今は歩けているワンちゃんでも、「だんだん足腰が弱ってきたな……」と感じたら、坂道をジグザグに登ると足腰が鍛えられるのでおすすめです。

 天気のいい日は、高齢のワンちゃんの気分転換のためにも、その子のリズムに合わせて、無理なくマイペースにお散歩を楽しんでくださいね

photo by Scott Feldstein