スソ 写真提供: Gettyimages

 ミランスペイン代表FWスソは、セビージャへの移籍が近づいているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの加入により、4-4-2のシステムメインに戦っているミラン。加えて、スペイン人FWサム・カスティジェホが活躍を見せており、スソはチームの中で居場所を失っている。その同選手は、セビージャへの移籍に近づいているようだ。

 イタリアメディアの報道では、移籍金1500万ユーロ(約18億500万円)での完全移籍の提案はセビージャが拒否したと報じられていた。しかし、両クラブは買い取り義務付きのローンでの移籍実現に向けて交渉を続けているようだ。レンタル手数料などを含め、セビージャは総額2000ユーロ(約24億1000万円)でスソを獲得するのではないかとみられている。

 スペイン人ながら、ラ・リーガでのプレー経験は2012/2014シーズンのみと異色の経歴を持つスソ。果たして、約6年ぶりに母国の地でプレーすることになるのだろうか。