■優れた走りと安全性能、低燃費を兼ね備えたオールシーズンタイヤ

横浜ゴムは、クライスラー「ボイジャー2020年モデルのOEタイヤとして、「AVID S34RV」の納入を開始したと発表しました。

クライスラーブランド2017年をもって日本から撤退している状況で、FCAジャパンでは、

2018年からジープ正規販売店は日本初のSUV専売チャネルとして全国に展開し、新CIを取り入れたジープ販売店のリニューアルを継続しながら、さらなる販売増を目指します。これまで日本で販売されたクライスラー車の点検・車検・整備などのアフターサービスは、2018年以降も全国のジープ正規販売店にて継続して行います」

アナウンスしています。

詳細画像はこちら ヨコハマタイヤの「AVID S34RV」

今回、新型クライスラー・ボイジャーの新車装着(OE)用タイヤに選定された「AVID S34RV」の装着サイズ235/65R17 104Tで、新型車両は米国やメキシコで発売されています。

詳細画像はこちら クライスラー・ボイジャー

ヨコハマタイヤの「AVID S34RV」は優れた走行性能と安全性能を実現しながら、低燃費性能の向上も図られている乗用車オールシーズンタイヤ。「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランドBluEarth」の基盤設計や材料技術により開発されています。なお「AVID S34RV」は、クライスラー「パシフィカ」にも新車装着されています。

詳細画像はこちら ボイジャーインパ

横浜ゴムは先進タイヤ技術「BluEarthテクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めており、「BluEarthシリーズタイヤは、こうしたミニバンだけでなく、最新のセダンSUV、スポーティカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されています。

(塚田勝弘)

横浜ゴムの「AVID S34RV」がクライスラー・ボイジャー 2020年モデルの新車装着タイヤに採用(http://clicccar.com/2020/01/26/948785/)