27日(月)は、南の海上に停滞する前線上の低気圧が発達しながら東へゆっくりと進む影響で、西日本や東日本は広く天気が崩れ、次第に風も強まりそうです。西日本では断続的に雨となり、九州や四国の太平洋側では雷を伴って激しく降る所があるでしょう。
東海や関東も夕方以降は広く雪や雨となり、山沿いでは降り始めから雪の所が多い予想です。関東甲信の山沿いでは雪の降り方が強まり、火曜日にかけて大雪のおそれがあります。東京都心も火曜日の朝にかけて雪やみぞれとなる可能性があり、都心を含めた平野部でも雪の積もる所がありそうです。月曜日、帰りが遅くなる方は車の運転や足元に注意してください。

日中の気温は全国的に日曜日より低く、この時季らしい寒さとなるでしょう。関東は厳しい寒さが続きそうです。

気象予報士・及川 藍)

27日の天気予報。