中国は自国の高速鉄道を「世界に誇る技術」と自負しており、新幹線ライバル視して何かと比較する風潮がある。そして、駅弁も比較の対象となることが多いが、中国メディアの今日頭条は20日、「もし日本の駅弁を中国の高速鉄道で販売したらどうなるか」を予想した記事を掲載した。

 新幹線は世界的にも有名だが、記事は「快適な乗り心地とともに、駅のホームや車内で販売される駅弁も外国人観光客の心を掴んでいる」と指摘。これまで日本を訪れた中国人観光客の多くも、中国高速鉄道と比較して「日本の駅弁を羨ましく感じている」と主張した。

 なぜなら、日本では「各地の特産物や旬の食材を使った弁当が販売されるので種類が非常に豊富で、その駅でしか販売されていない限定のものもあって旅の楽しみをより豊かにする」と感動を覚える中国人も少なくない。

 それゆえ、「中国でも日本と同じような駅弁を作って販売することは恐らく可能だろうし、そうすれば駅弁業者ももっと利益が伸びるのではないか」と指摘しつつも、「もし日本の駅弁を中国高速鉄道で売っても中国の弁当よりも売れないだろう」と主張した。

 その理由として「日本の駅弁は冷めているからだ」と主張。中国高速鉄道で販売されている弁当は、「味は特別美味しいわけではないのに値段は高い」として、これまで不満の声があがってきた。しかし、中国で日本の駅弁を買うことが出来たとしても「保温されていないのであれば中国人は買わない」と予想。また、最近は中国高速鉄道の弁当も改善され、価格帯が選べるようになっていると付け加えた。中国人観光客は日本で駅弁を食べるから特別に感じるのであって、中国にいれば中国の温かい弁当を選ぶに違いないと主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

もし日本の駅弁を中国高速鉄道で販売したらどうなるんだろう? =中国メディア