内藤剛志主演の新たな刑事ドラマシリーズ「全身刑事」(テレビ朝日系)が、2月2日(日)夜9時から放送される。

【写真を見る】「3年A組―」「響 -HIBIKI-」などに出演してきた笠松将(写真右から2人目)が、内藤の相棒役に

これまで「科捜研の女」「警視庁・捜査一課長」(共にテレビ朝日系)など、30作を超えるドラマでさまざまな刑事を演じてきた内藤が新たに世に出すキャラクターは、人生のほとんどを刑事として過ごし、頭からつま先まで“全身そのものが刑事”という主人公・名瀬(なぜ)裕太郎。

被疑者や相棒に子供のように「なぜ?」を連発し、単刀直入に斬り込むことで、事件の真相や人の心の闇に迫っていく型破りな人物だ。

内藤を取り巻くキャスト陣も決定。名瀬とバディを組む海東隼人役には、気鋭の若手俳優・笠松将がキャスティングされた。海東は、学生時代は“伝説のクイズ王”と呼ばれ活躍したが、その雑学を捜査に生かしきれない残念な若きキャリアという役どころ。

また、かつて名瀬とコンビを組んでいた、クールな捜査一課刑事・紋田伊代を中山忍、のらりくらりと会話をはぐらかす山手中央署の署長・羽倉樫弥を古田新太が演じる。

“キャリアの87%が刑事役”と公言する内藤だが、名瀬ならではの取り調べの方法は初体験だったそう。「演劇的な要素も感じられる作品で、特に取調室は舞台のよう…。僕もこんな取り調べは、初めてやりました(笑)」と満足気に語っている。

また、タッグを組んだ笠松については「前向きで熱い男。僕も20代のころはあんな感じだったので、彼と僕は俳優としての在り方が似ているなと思いました」と太鼓判を押した。

キャストはその他、久松郁実小倉優香、尾美としのり、中村ゆりか、鳥居かほり、六角慎司、三津谷葉子、冨家規政、宮田早苗、堀内敬子がラインナップ。脚本を根越映太、演出を大谷健太郎が務める。

■ 内藤剛志コメント

――新シリーズのオファーを受けたときの心境は?

刑事役をさまざま演じてきたからこそ新しいことをやりたいという思いもあり、まずはチャンスを与えてくださったことがうれしかったですね。自分自身、ゼロからチャレンジした感があって、今までにないものができたという手応えを感じています。

――脚本を読んだときの感想は?

ミステリーなので“事件の謎解き”がメインなのですが、せりふ量も多く、会話劇みたいなところがあって、せりふのひと言ひと言に仕掛けや伏線が張られているため、言い間違えたり、飛ばしたりできない脚本だなと思いました。演劇的な要素も感じられる作品で、特に取調室は舞台のよう…。僕もこんな取り調べは、初めてやりました(笑)。僕は“真実はひとつじゃない”というのがこの作品のテーマだと思っているのですが、決して難解なドラマではなく、泣ける場面もある、血の通ったヒューマンミステリー。ぜひ皆さんで楽しくご覧いただければと思います。

――主人公・名瀬裕太郎のキャラクターについてはどんな思いを?

名瀬は、「なぜ?」を連発する男。実は、従来の刑事モノでは、刑事は自らの推測で話を進めていくんですよね。たとえば“お前はあの日公園にいただろう”“だからお前が殺したんだろう”とか…。それはドラマを進めるためにある意味、仕方がないことなのですが、本作ではそれをやめました。

推測でモノを言わず、“なぜそうなるのか?”“なぜそう思うのか?”…虚心坦懐に聞く刑事がいたらどうなるのか、そこが本作で一番のチャレンジ。演技には“正解”がなく、新作だからこそ手探りで、日々悩みながら撮影に臨みました。

――本作でがっつりバディを組んだのが、海東隼人役・笠松将さん。笠松さんと共演した感想は?

もともと笠松くんのことは知っていましたが、昨年「科捜研の女」で共演したとき、彼の芝居がすごく面白かったんです。いったいどんな人物なのか興味が湧いて、ついつい合間に自分から話しかけちゃいました(笑)。だからこそ今回のキャスティングを聞いて思ったのは、“やっぱりスゴイ俳優さんは頭角を現してくるんだな”ということ。笠松くんは役に対して真っすぐで芝居に対する角度みたいなものがすごくいい! 役をどう演じるか、自分の中にきちんとデザインを持っているんです。前日に「このシーンはこうやりたいんですけど…」と提案してくれることもあって、前向きで熱い男。僕も20代のころはあんな感じだったので、彼と僕は俳優としての在り方が似ているなと思いました。

――紋田伊代役・中山忍さんと本作で共演した感想は?

中山忍さんとは共演経験が多々あり、逮捕したことも疑ったこともほれられたこともありました。もちろん役柄ですが…(笑)ミステリードラマには欠かせない、技術と安心感のある女優さんですが、今回は共演者というより、“共闘者”! 毎日一緒に撮影に立ち向かってくれて、とても頼りにさせていただきました。 

――署長・羽倉樫弥役の古田新太さんと本作で共演した感想は?

大好きな俳優さんのひとりで今回3度目の共演ですが、とにかく芝居がうまい! いろいろな“手”を持っていて、ぶっ飛んだシチュエーションリアルとのすき間を芝居で埋める力がある。まさに“巧者”ですね。この作品の色合いも、古田さんが存在するか否かで、まるで違う気がします。でもいつもくだらない話ばかりしていて、なぜかこれまで一度も彼と芝居について話し合ったことがないんです(笑)

――インパクト大でSNSでも話題に。「全身刑事」というタイトルについてはどんな感想を?

このタイトル、僕自身とても気に入っています。“全精力を傾けて仕事をしている”という意だと思いますが、“変なタイトルだけど、どんなドラマなのかな”と思って見ていただいて、見終わった後に“なるほど”と得心してもらえたらうれしいですね。ぜひたくさんの方に見ていただいて、第2弾へとつなげることができたら、ありがたいですね。

あらすじ

学生時代、“伝説のクイズ王”として鳴らし、歴代トップの成績で警察庁に入った海東隼人(笠松将)は、その雑学知識を事件捜査になかなか応用できず、修行のために神奈川県警へ出向。そんな海東が神奈川県警に来て初めての殺人事件が発生し、県警捜査一課の紋田伊代(中山忍)と共に臨場する。

被害者は輸入雑貨販売会社の経営者・九条佑香(鳥居かほり)で、ハンマーで後頭部を殴打され殺害されたようだった。凶器のハンマーは、消防士が人命救助の際に用いるものと判明。遺体の両手親指の先に、7色のクレヨンらしき塗料がまだらに付着していたのが謎だった。

被害者の通話記録から、佑香がたびたび、電話でクレームをつけていた消防士・佐村依宏(尾美としのり)の存在が浮上する。佐村は捨て身の人命救助で幾度も表彰を受けてきた“伝説の消防士”と呼ばれる男だったが、消防署の近くに住んでいた佑香は「訓練の声がうるさい」などと、たびたび、彼に文句をつけていたという。しかも、どうやら佐村はハンマーをなくした様子。怪しんだ海東は、ためらうことなく佐村を連行する。

ところが直後、海東は捜査本部を置いた山手中央署の署長・羽倉樫弥(古田新太)に呼び出され、ベテラン刑事を捜査に加えると告げられる。現れたのは、総務課の備品管理課・名瀬裕太郎(内藤剛志)。海東は備品管理係に何を教われというのかと反発するが、羽倉によると名瀬は1年間の休職を経て備品管理課に異動するまで、人生のほとんどを刑事として過ごしてきた男。つまり頭のてっぺんからつま先まで“全身そのものが刑事”といっても過言ではない人間だというのだ。

仕方なく、その“全身刑事”名瀬と共に佐村の取り調べを行うことにした海東。だが、名瀬は佐村を取り調べる海東に対し、「なぜお前はそう思うのか?」「なぜそれで佐村の犯行になるのか?」など、「なぜ?」「なぜ?」を連発。しかも、佐村は何を問われても黙秘を貫き通すばかりで、海東はすっかりペースを乱されてしまう…。

その後、佐村の部下・円城萌恵(三津谷葉子)や樋本香緒里(中村ゆりか)らの証言で、事件当夜、佐村は夜通し秘伝のカレーを煮込んでいたことがわかる。しかし、なぜ佐村はカレーを煮込んでいたという自らのアリバイを黙っているのか? そんなとき、佐村に香緒里に対するパワハラ疑惑が浮かび上がる。(ザテレビジョン

内藤剛志の新たな刑事役・名瀬(なぜ)裕太郎