フリーアナウンサー宇垣美里が27日、都内で行われたアニメ白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』新情報発表会に登場。宇垣をイメージして特別に制作されたキャラクターデザイン画がお披露目されると「口の感じが似ているかなと思いました。目も大きめなところも似ていてうれしいです!」と照れながら喜んだ。

【写真】”白猫”のキャラクターをギュッと抱きしめる宇垣美里

 同作は、人気スマートフォン向けゲーム白猫プロジェクト』の本格アニメ化で、2019年サービス開始5周年を迎えたことを記念して企画されたもの。3周年で公開されたイベント「ゼロ・クロニクル ~はじまりの罪~」を元に、原作スタッフ完全監修によるストーリーで描かれる。

 キャラクター名について担当者は「もし『ZERO CHRONICLE』に出て来るのであれば、『はじまりの星たぬき姫 美里』とストレートにつけさせていただきました」と説明したが、アニメで登場することは現状ないそうで宇垣は「あ…」と少し残念そうな表情。

 このキャラクターに対しての声優オファーが届いたら「やりたいです!」と即答し「自分のキャラクターが動いているのを見ているだけで、ニマニマしてしまう。それに声を吹き込んで、それを客観的に見ることができたら、冥土の土産として十分だと思います! 孫(の代)まで語り継ぐ」と笑いを誘った。

 最後に「なんとなく調整役っぽい見た目をしているなと思いました。なんとなくナレーションを入れそうなキャラクターだと思い、(私に)ぴったりだなと」と話し「一緒に見届けましょう、『ZERO CHRONICLE』を」とキャラクターになりきって作品をアピールした。

アニメ『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』新情報発表会に登場した宇垣美里 (C)ORICON NewS inc.