アニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」第15話に、新たな敵「ラフム」が登場した。視聴者から「怖すぎる」という声が続出し、「ラフム」がTwitterでトレンド1位を獲得した。

 同アニメは、1800万ダウンロードを突破した超人気アプリFate/Grand Order」が原作。ゲームブランドTYPE-MOONによる「Fateシリーズの世界観をベースに、主人公は個性豊かな英霊たちを召喚・使役する“マスター”となり、聖杯探索(グランドオーダー)に身を投じていく。

 1月25日より順次放送中の第15話「新しいヒトのカタチ」に、魔獣・ラフムが登場した。節足動物のような脚部と人間の口のような頭部をかけ合わせたおぞましい姿に、視聴者からは「ラフムが怖すぎて泣きそう」「夜に観なくてよかったよ」「動くラフムこわ」などのツイートが相次いでいた。視聴者に衝撃を与えた結果(!?)なんと「ラフム」が放送終了後にトレンド1位を獲得した。

 第15話は、ギルガメッシュ(CV:関智一)の側近・シドゥリ(CV:内山夕実)が民のために動く決意をする熱い展開もあり、上記の"ラフム"の他にも番組公式ハッシュタグ「#バビロニア」や「シドゥリ」といったワードもトレンド入りを果たした。

(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT
アニメ「FGO バビロニア」第15話、新たな敵"ラフム"がトレンド1位を獲得!衝撃的な姿に「怖すぎて泣きそう」