戦後最悪と言われる日韓関係に改善の兆しが現れている。旧正月の連休(今月24~27日)入りした韓国でも帰省や旅行などで空路を利用する旅客が220万人を上回ると予想されていて、25人に1人が空の旅を楽しむ計算だ。そうした中、一部の日本路線の予約率は80%超えしたという。元徴用工訴訟への対抗措置として安倍政権が対韓輸出規制を発動した昨年夏以降、韓国内では日本不買運動「ボイコット・ジャパン」が燃え盛っていたが、下火の気配だ。

「ボイコット・ジャパン」の影響


 博多まで約50分のフライトでつながるのが、韓国南東部の釜山。韓国空港公社釜山地域本部によると、今月23日から27日までに金海空港では国内線9万1576人、国際線14万1043人の利用が予想されている。そのうち、国際線では旧正月連休中の一日平均利用客数は2万8208人とされ、昨年の3万人より約5・8%減の見通し。

一方で、日本路線の平均搭乗率は60・8%とみられているという。昨年下半期の平均搭乗率は「ボイコット・ジャパン」の影響で50%程度まで下落。ずいぶん持ち直したようだ。一部のLCC格安航空会社)ではこの時期の日本路線の平均予約率が84%に達しているという。

・今すぐ読みたい→
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に(https://cocokara-next.com/topic/japan-southkorea-relations-are-historical-aspects/)

韓国社会に日本製品や和食は溶け込んでいる

 「気軽に遊びに行ける隣国として日本旅行は人気が高く、世間の反日ムードに飲み込まれる形で訪日をあきらめる市民が少なくなかった。とはいえ、熱しやすく冷めやすいというのか、デモなども一時はわーっと盛り上がっても持続しない国民性もあり、徐々に元のスタイルに戻りつつあるのでしょう。日韓は常に政治的問題を抱えていますが、韓国社会に日本製品や和食はすっかり溶け込んでいますから」(在韓ジャーナリスト

 元徴用工訴訟の原告団が差し押さえた日本企業の資産現金化は今春にも実行に移されるとみられている。それまでに文在寅政権はどう動くか。再び暗転することになるのか。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に(https://cocokara-next.com/topic/japan-southkorea-relations-are-historical-aspects/)

日韓対立 あれから半年・・・「ボイコット・ジャパン」に終息の兆し