no title


 発生からおよそ4カ月が経った現在も、鎮火のめどが立たないまま未曽有の被害をもたらしているオーストラリアの森林火災。

 もはや世界規模の災害といわれる火災にあえぐ現地では、さらなる被害の拡大を食い止める活動とともに救命や復興支援活動が連日行われている。

 そんななか、オーストラリア軍の隊員による赤ちゃんコアラの餌やりシーンが話題を呼んでいる。

 緊急支援活動中のわずかな休憩のあいだに近隣の野生動物保護公園を訪ね、保護された幼いコアラに餌を与える隊員のほほえましい光景が海外掲示板で盛り上がりを見せていた。


―あわせて読みたい―

お母さんいた!孤児となったコアラにぬいぐるみのコアラをプレゼント。ぴっとり抱き着くその姿がいとおしい。
絶望が希望へ変わる瞬間。森林火災で行方不明となった犬の救出・再会物語(オーストラリア)
オーストラリアの森林火災が世界の気候パターンに悪影響を及ぼす恐れ
ニューヨーク市内の至る所にコアラのぬいぐるみ。オーストラリアの森林火災の被災動物を支援する為に一工夫(アメリカ)
オーストラリアの森林火災で何が起きているのか?消火や動物救助活動に奔走する人々の様子とともに振り返る

被災したコアラの赤ちゃんに給餌する隊員たち

 今月23日、オーストラリア陸軍の第9旅団の隊員が、南オーストラリア州アデレード市郊外にある野生公園にて壮大な任務を遂行した。

第9旅団のフェイスブックアカウントより

 オーストラリアの大規模火災の緊急支援活動にあたる隊員たちが、休憩時間に野生動物保護公園を訪れ、救助されたコアラの餌やりなどを手伝ったのだ。

 このコアラは、今月初めアデレード南西沖のカンガルー島で発生した大規模な森林火災から逃れた赤ちゃんコアラたち。

 彼らはほぼ全焼した国立公園からこの公園に保護されたばかりなのだ。

コアラの主食が無い!新鮮な青い葉が不足

 ユーカリの葉を直接食べる大人のコアラと違い、幼いコアラはまだ葉を消化できないため、親の母乳や特別な離乳食で成長する。

 だが今回の火災で孤児になった赤ちゃんは、人の助けが無ければ生き延びられない。

注射器に入れた餌を食べる幼いコアラ

 しかも彼らはこの火災で、住むべき環境も失ってしまった。ユーカリの木は焼けてしまい、青かった葉は焦げたり枯れたりして大人のコアラも食べられない。

 実際、生き延びたコアラの食糧不足は日に日に深刻になり、現地のボランティアスタッフは燃えずに残ったユーカリの木の確保に追われている。

隊員たちの士気を鼓舞した出来事

 昨年秋から各地で多発し、オーストラリアに深刻な事態をもたらしているこの森林火災では、今なお多くの消防隊や救助隊が、疲れを十分癒す間もなく連日のように活動を続けている。

 だがこの日の出来事は、幼いコアラや公園スタッフの助けになっただけでなく、隊員たちの士気を一層鼓舞するものになった。

 この光景は愛情あふれる光景として大きな反響をもたらした。

 過酷な任務を負う部隊がとった休憩時間の利用法はすぐさま話題になり、海外掲示板ではこんなコメントが交わされた。

この件に関する海外の反応は...


・手前から2番目の隊員。うれしそうにみえないが…

・胸が痛いんだろ。

・「軍曹!私のコアラは何か問題があるのでは?」
 「うむ。コアラとはそういうものなのだ」

・自分にはあの隊員は照れくさい気持ちをごまかしてるようにみえる。本心は赤ちゃんコアラをずっと抱っこしてたいって思ってそう。

・今月15日の時点でオーストラリアキングスコートでは、コアラを含む代表的な動物の保護区が壊滅的な被害で荒廃の一途をたどっている。

 火事で死んだ動物の数は不明だが700を超える焼死体が回収された。運良く救われた動物たちをボランティアと獣医師が24時間体制で世話している。

・こうした現状をすべての山火事関連の掲示板に投稿するつもり。
自分は海外在住で給与の一部をいつもこの救助団体に寄付してる。ささやかな協力だけど彼らの素晴らしい仕事を応援したいんだ。

 参考:
 山火事で動物の救済活動を行うARC(ANIMAL RESCUE COOPERATIVE)への公式の国際寄付受付ページ。この募金はオーストラリアの包括的な動物救助慈善団体MKCの慈善事業の一環として行われている。

 MKCとARCとの関係についてはARCの公式フェイスブックを参照。

アメリカカリフォルニア州在住。ユーカリの木が不足してるって聞いたけど、こっちでたくさん茂ってるユーカリを送ることができればいいのにって思う。

・一番手前の隊員は俳優のパトリック・スチュワートに似てる。

・まさにコアラウィスパラー?赤ちゃんコアラとの会話が聞こえそう。

・「史上最高の作戦」展開中!

 
 不運にも火災に巻き込まれたものの、どうにか救われた幼いコアラたち。火災の終息はまだ先になりそうだけど今後はすくすく健康に育って欲しいものだ。

References:reddit/written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52287142.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

1羽だけ雪の上から飛び立たない鳥。足が凍った雪と張り付いていた(カナダ)
マラミュートが赤ちゃんにキスキスキス!犬と猫とベビーガールのハッピータイムにズームイン
あまりにも長くいすぎたようだ。人化が進む動物たちの19の所作
かわいみがすぎる。アニメのようなキラキラな目を持つコッカー・スパニエルの子犬にSNSがざわざわ(イギリス)
この男、かなりの使い手...コーギーの攻撃を全てかわすことができる、コギフーマスター

―画像の紹介記事―

あまりにも長くいすぎたようだ。人化が進む動物たちの19の所作
かわいみがすぎる。アニメのようなキラキラな目を持つコッカー・スパニエルの子犬にSNSがざわざわ(イギリス)
開けてびっくり!身の回りにあった14の驚くべき中身
愛犬と1週間後の再会、自分も寂しかったけど犬はもっと寂しかったようだ
めったに集まらない5匹の猫がベッドの上に全員集合。手術を終えた飼い主をいたわるため
オーストラリア軍が一列に並び、コアラの赤ちゃんを抱っこして給餌