4月の韓国総選挙を控え、文在寅政権の「検察大虐殺」に歯止めがかからない。法務部は今月23日、検察次長・部長級759人の人事(2月3日付)を発表。「政権捜査」を進めてきた大検察庁とソウル中央地検の捜査指揮部で大幅な人事異動を発令した。

大統領府を追い詰める検事をソウルから追い出した


 文在寅大統領周辺や側近の曺国前法務部長官一家をめぐる一連の疑惑捜査を指揮する検事を地方に飛ばしたのである。

ソウル中央地検のシン・ジャヨン第1次長検事は釜山東部支庁長、シン・ボンス第2次長検事は京畿道平沢支庁長、ソン・ギョンホ第3次長検事は京畿道驪州支庁長に異動する。ソウル東部地検のホン・スンウク次長検事は忠清南道天安支庁長となる。

シン・ジャヨン氏はウリドゥル病院優遇融資疑惑、シン・ボンス氏は大統領府による蔚山市長選挙介入疑惑、ソン・ギョンホ氏は曺国氏一家の不正疑惑、ホン・スンウク氏は大統領府による釜山市前副市長の監察打ち切り疑惑を指揮。曺国氏は蔚山市長選や釜山市前副市長をめぐる疑惑への関与も取り沙汰されている。

法務部は「懸案事件の捜査チームの部長検事と副部長検事は大部分を留任させ、捜査や公判にかかわる業務をそのまま進めさせることにした」としたが、大統領府を追い詰める検事をソウルから追い出したのは一目瞭然。そんな説明を真に受けるのは少数派だろう。

・今すぐ読みたい→
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に(https://cocokara-next.com/topic/japan-southkorea-relations-are-historical-aspects/)

文在寅政権は政治的スキャンダルにピリピリ

総選挙が迫る中、文在寅政権は政治的スキャンダルにピリピリしています。先日辞任した李洛淵前首相が与党の共に民主党候補として総選挙への出馬を表明しました。文在寅大統領は李洛淵氏に選挙戦で陣頭指揮を取らせ、勝利をおさめることで次期大統領に押し上げるシナリオを描いている。これ以上検察に引っ掻き回されたくないのが本音なのです。3年前の大統領選で検察改革を掲げ、強大な権限を政治捜査に向ける検察をクリーンな組織に変えると訴えていましたが、自身の政権に刃が向けられた以上、力で抑え込むしかなくなったのでしょう」(韓国メディア関係者)

文在寅政権はすでに13日付で検察幹部32人を異動させ、ユン・ソクヨル検事総長の手足をもぎ取っている。ユン・ソクヨル側近ビッグ3と呼ばれる大検察庁(最高検)のハン・ドンフン反腐敗・強力部長、イ・ウォンソク企画調整部長、チョ・サンジュン刑事部長に加え、検察ナンバー2のカン・ナムイル次長検事も異動した。検察は大統領府に白旗を上げるのか。組織の威信を賭けて反撃に出るのか。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に(https://cocokara-next.com/topic/japan-southkorea-relations-are-historical-aspects/)

止まらない「検察大虐殺」 勝つのは文在寅大統領か検事総長か