タイトーの名作アーケードゲームスペースインベーダー」と「ダライアス」の筐体を、ミニチュアメーカーのヘルメッツが12分の1スケールで立体化しました。2月9日の「ワンダーフェスティバル2020冬」(幕張メッセ)で先行販売するとともに、公式サイトで予約を受け付けています。

【その他の画像】ダライアスのスマホスタンド

 スペースインベーダーは、テーブル筐体のプラスチックモデルキットとして4500円で販売。270×150×35ミリのコンパクトな本体に、インストカードコントロールパネルなどをあしらい、細部に至るまで再現しています。

 ゲームセンターでよく見るタイプの、座面が赤いイスも付属。木目部分を再現したシールと、スペースインベーダーの発表当時の様子や現在遊べるバージョンなどを紹介した「ストーリーブック」も同梱されます。

 ダライアスは、3画面ワイドでおなじみの筐体を再現したスマートフォンスタンドとして販売(8000円)。2017年に好評を博した製品を改良した「エクストラバージョン」で、木製からアクリル製に変更のうえ、構造の一新やディテールの追加が施されているとのことです。

スペースインベーダーのミニチュア