宮根誠司

(C)まいじつ 

1月26日に放送された『Mr.サンデー』(フジテレビ系)でのキャスター宮根誠司の発言が、ネット上で炎上した。

【関連】『ミヤネ屋』“ゲスい報道”にク・ハラさんのファン大激怒!「頭おかしい」 ほか

問題の発言が飛び出したのは、世間をにぎわせている俳優・東出昌大の不倫騒動を取り上げた際のこと。他のワイドショー番組同様、「Mr.サンデー」も独自の視点で報じていったのだが、宮根はこのさなか、アシスタントの三田友梨佳アナウンサーに「三田さん、ご結婚おめでとうございます」と一礼してから、「結婚されたばかりですが、この報道はいかがですか」とコメントを求めたのだ。

三田アナは1月22日に30代の一般男性との結婚を発表したばかりで、いわば〝新婚ホヤホヤ〟にあたる立場。この日の「Mr.サンデー」は結婚発表後初めての放送であり、どのタイミングで結婚に言及するかにも注目が集まっていた。

 

宮根誠司“新婚・三田アナ”へのゲス行為に批判!「ハラスメントひどい」

デリカシーのなさと自身の棚上げに批判殺到

こうした状況下において、まるで取って付けたように、不倫という縁起の悪いニュースの中で結婚に触れた宮根。このデリカシーのなさは視聴者を呆れさせ、ネット上には、

《結婚報道以降生放送で初めてミタパン本人に結婚について触れたのがこのタイミングってひど過ぎ》
《新婚者に聞くことじゃねーだろクソジジイ
《杏からまだ何もコメントない状況で新婚のミタパンに不倫について聞く宮根誠司デリカシーのなさというか、一種のハラスメントすごいな
《ミタパンに不倫報道についてコメントさせるいつもながらデリカシーのない宮根》

などといった批判が巻き起こった。

そんな宮根は、2012年1月の『女性セブン』にて不倫と隠し子の存在が発覚し、出演する『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)のオープニングで「年明け早々、私どものことでお騒がせしてすみませんでした」と深々と頭を下げた恥ずかしい過去の持ち主。そのため、東出の不倫報道を番組で扱うこと自体にも、

《三田アナに話を振る前に隠し子もいた宮根自身がコメントしろよ!》
《まぁ宮根さんは触れられないよね。隠し子いるもの》
Mr.サンデー東出昌大と唐田えりかの不倫やってるけど、それ見てる宮根さんってどんな気持ちなん? 隠し子までいたじゃん》

などの厳しい声が上がった。

まるで飲み屋のオヤジ談義のような軽薄なノリの宮根。同番組は今年で10周年を迎えるが、これからもずっとこんな調子で続いていくのだろう。

 

(C)まいじつ