2020年2月3日付(集計期間:2020年1月20日1月26日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、SixTONESの「Imitation Rain」が総合首位を獲得した。

 注目の対決となったSixTONESの「Imitation Rain」とSnow Manの「D.D.」は、シングルリリース前から、Twitterラジオ、動画再生の3指標で激しい順位争いを繰り広げていた。当週のシングル初週売上で、SixTONESが776,836枚、Snow Manが752,236枚をマーク。その他の指標ではSixTONESがラジオ9位、PCでのCD読取回数をランキングするルックアップで1位、Twitter 1位、動画再生で13位を記録し、一方のSnow Manは、ラジオ3位、ルックアップ2位、Twitter 2位、動画再生15位となった。この結果、「Imitation Rain」は、シングル、ルックアップTwitterで3冠を達成し、“JAPAN HOT 100”総合首位を獲得した。コア・ファンによりTwitterランキングでは両アーティストの楽曲が6位まで占拠する展開となり、この勢いが他指標も巻き込んで維持されるか、当週ワン・ツー・フィニッシュを成し遂げた両曲の次週以降のチャート・アクションが注目される。

 シングルリリース攻勢に押され、前週2位のKing Gnuの「白日」は当週総合4位までランクダウン。とはいえ、前週にOfficial髭男dismの「Pretender」から奪取したストリーミングは1位を堅守して、ストリーミング数は前週6,727,189再生から当週8,045,739再生へと大きく数字を伸ばしている。動画再生数も前週6,207,857回から当週6,802,843回と、まだまだ勢いを維持している。一方の「Pretender」は、ストリーミング数が前週6,727,189再生から当週6,795,941再生に微増し、1位を守り続ける動画再生回数は前週7,135,298回から当週7,016,352回へ微減と、当週は足踏み状態で、前週3位から総合5位となった。ヒゲダンの新曲「I LOVE...」は、ストリーミングが前週2,868,662再生から当週4,757,323再生へと大きく伸びて、総合上位を守り続ける「Pretender」と入れ替わる可能性が少しだけ見えてきた。


◎【JAPAN HOT100トップ10
1位[16]「Imitation RainSixTONES(776,836枚・-・-)
2位[18]「D.D.」Snow Man(752,236枚・-・-)
3位[-]「KOKORO&KARADA」モーニング娘。'20(194,972枚・7,354DL・-)
4位[2]「白日」King Gnu(-・23,762DL・8,045,739再生)
5位[3]「PretenderOfficial髭男dism(-・21,533DL・6,795,941再生)
6位[46]「まなざし」東方神起(66,274枚・-・-)
7位[6]「I LOVE...」Official髭男dism(-・27,764DL・4,757,323再生)
8位[5]Teenager Forever」King Gnu(-・9,719DL・5,295,726再生)
9位[8]「紅蓮華LiSA(2,508枚・17,240DL・4,007,527再生)
10位[9]「まちがいさがし」菅田将暉(-・10,893DL・3,575,136再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)

【ビルボード】SixTONES「Imitation Rain」が776,836枚を売り上げ3冠で総合首位獲得