小学生の次女を中心とした、5人家族エムモト家の日常の姿を面白おかしく描いたコミックエッセイ『小学生エムモトえむみの勝手きままライフ』(KADOKAWA)。自由人な次女「えむみ」ちゃんの、小学生ならではの視点、独特の感性が炸裂する奇想天外な発想力、突拍子もないリアクションを楽しめる1冊です。

【画像】漫画の続き

 エムモト家は、作者でありツッコミ天然ボケな母「えむふじん」、常識人だが幼さも持つ父「えむし」、ゲーム好きで斜に構えた長男「えむお」、真面目かつ思い込みの激しい長女「えむこ」、そして本作の主人公である次女「えむみ」の個性豊かな5人家族。何気ないけどクスッとする日常エピソードねとらぼでも紹介します。

○指パッチニストえむみ

 兄やアニメにあこがれて、指パッチンを極めようとするえむみちゃん。朝の5時半からパチパチと家族の苦情もものともせず日々修行に励む。そんなえむみちゃんの目標は? 「オリンピックって指パッチンある?」……何はともあれ情熱をかけられるものがあるのは素晴らしいことですね!

○ぜつめつきぶしゅ

 図鑑を見て自分は「ぜつめつきぶしゅ」(絶滅危惧種)と自慢するえむみちゃん。「だってわたしは1匹だけやもん!」と。そしたらお母さん絶滅危惧種やな、と返すと「お母さんはよのなかにたーくさんいるから、きぶしゅ(危惧種)とちゃうで」と鼻で笑うえむみちゃん。そんなわが子にえむふじんは思うのでした。「あんたお母さん私だけやで……」と。

○ミイラ取りがミイラになる話

 ハンドソープでシャボン玉を作る器用なえむみちゃん。長女えむこも長男えむおも、父えむしさえもその素晴らしさを洗面所に見学に来て感嘆の声をあげます。最後はシャボン玉シャボン玉をくっつけて大きな玉を作るという大技を決め、拍手喝さいを浴びるえむみちゃんでしたが……そもそもなんでみんな洗面所に来たんだっけ? そう、みんな手を洗いに行って戻ってこないえむみを呼びに行ったはずなのでした。誰も戻ってこない様子を見て、「ミイラ取りがミイラ」と思う母えむふじんでありました。

ピーマンが嫌いな理由

 学校帰りに友達と歩いているえむみちゃんの前に、突如ピーマン怪人があらわれた! 友達をかばってピーマン怪人のキックを腕でガード! ……「ってけられたから、ピーマンキライやねん」とピーマンを嫌いになった理由を話すえむみちゃんに母は一言、「嘘つけ」。あまりにもあり得ないシチュエーションの絶対信じてもらえないだろう話でごまかそうとするところは、まだまだ子どもでかわいらしいですね。

 小さなころからよく踊りよく歌い、楽しいことを探して育ってきたえむみちゃん、小学生になった現在はより楽しくより明るくより自由人に進化し、家族を巻き込みながら「勝手きままライフ」を謳歌(おうか)しています。読者も「えむみワールド」に巻き込まれちゃいますよ

 作者は人気ブロガーのえむふじんさん(作画)と夫のえむしさん。価格は1100円(税込)です。

画像提供:KADOKAWA

ねとらぼGirlSide/かのん

小学生女子の「指パッチン」への情熱は……!