男性は女性よりも「血を見るのが怖い」という人が多いようだが、妻の出産立ち会い中に分娩室で失神してしまった夫がいた。その瞬間を出産を終えたばかりの妻が撮影し、SNSに投稿したことで話題になっている。『The Sun』『Mirror』などが伝えた。

今月14日、“Worth Feed”のアカウント名でInstagramに投稿された1枚の写真が話題を呼んでいる。もともと昨年6月頃に海外掲示板サイトreddit」に投稿された写真だったが、再びSNSで多くの人にシェアされ人気を集めているようだ。

そこには出産を終えたばかりの女性が、分娩室で横たわったまま笑顔で自撮りする姿が捉えられていた。しかしその奥で、彼女の夫が仰向けになって倒れていたのだ。

この男性は妻の出産に立ち会ったものの失神して倒れてしまったようで、Instagramには「この夫は妻の初めての出産を励ますために、ここにいました」と記されている。

写真には3人の医療スタッフが、出産という大仕事を終えた女性より失神した男性を介抱し、うち1人は生まれたばかりの新生児を抱いたままで心配そうに男性を覗き込んでいた。そんな妻と夫の落差が際立つ1枚には9千件以上もの「いいね!」が集まり、次のようなコメントが見受けられた。

「もう涙が出るほど笑ったよ。」
「私が出産の時、けいれん発作を起こしたら、私が死んだと思って夫は失神してしまったことがあったわ。」
「私が旦那を分娩室に入れない理由が、まさにこれなのよね。」
「私の夫が分娩室に一緒にいた時、私の方が緊張しちゃったわ。だって彼はずっと白目を向いているんだもの。」

実際にこの男性だけでなく、妻の出産に立ち会って失神してしまう男性は結構いるようだ。また『Daily Mail Online』では、この写真の女性は頭にサージカルキャップをつけていることと分娩室の様子などから帝王切開で出産したのではないかと伝えている。

画像は『The Sun 2020年1月27日付「BUMPY RIDE Mum snaps hilarious delivery room selfie as her husband passes out while she’s giving birth」(Credit: Reddit)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト