大野智が出演するアレルギー専用鼻炎薬「アレグラ(R)FX」の新CM「ちがうよ、チネラー篇」が2月3日(月)から放送。大野演じるアレグラ人・サトシーラの後輩役で、大野の事務所の後輩である知念侑李が登場する。

大野智への憧れを語る知念侑李 「大野くんのおかげでジャニーズに入った」

同CMといえば、大野が紫色のヘアスタイルスーツが特徴的なアレグラ人のリーダー・“サトシーラ”に份(ふん)する姿がおなじみ。新CMでは、新たに加わった後輩・チネラーこと知念侑李と、息の合った掛け合いを見せている。

■ 新CMのストーリーは?

ビルの屋上で「花粉に…疲れちゃった」と悩みを語り合う女性たち。そんな声を聞きつけ、アレグラ人のサトシーラ(大野)とその後輩・チネラー(知念)が鼻形の宇宙船で登場。早速「アレグゥーラー」とポーズを決めようとするチネラーだが、サトシーラが「それ違う!」と取って代わり正しいアレグラポーズを披露する。

その後2人は、「しっかり効く!」「眠くなりにくい!」と「アレグラ(R)FX」の効果を競うようにアピールし始め、女性たちは呆然。しかし、最後には2人で仲良くアレグラポーズを決めて見せる。

■ 大野が知念のために“きっかけ”出しを…撮影の裏側を公開!

先輩後輩役で共演となった大野と知念。2人そろって紫色のヘアスタイルスーツ姿でスタジオ入りすると、大野は知念の肩に手をかけ、「後輩です!」と撮影スタッフに紹介。知念が「チネラーです!」と合わせると、スタッフから拍手が沸き起こり、スタジオは暖かな雰囲気に包まれた。

さらに2人の絆を感じさせたのは、アレグラポーズを大野から「それ違う!」と指摘された知念が、その声に合わせて宇宙船から飛び降りるというシーンの撮影。知念がジャンプする“きっかけ”として、スタッフが大野の代わりに「それ違う!」と声を掛けるはずだったのだが、撮影本番では聞き慣れた声が…。実は大野が知念のためにスタジオに残って、“きっかけ”出しを担当していたのだった。

監督が「贅沢な“きっかけ”出しだね」と声を掛けると、大野は「こっちの方が(シーンの流れが)繋がるしね」と答え、さりげない思いやりを見せていた。

■ 知念は「憧れの先輩と共演できて光栄!」

撮影後のインタビューでは、知念が「憧れの先輩、サトシーラ先輩と、こうやって(CM共演)できることってなかなかないですから本当に光栄ですし、後輩として、先輩と一緒に花粉に困っている日本の皆さんを、2人で24時間しっかりと支えていきたいな、サポートしていきたいなと思います!」と、すっかりチネラーになりきって喜びを語っていた。

サトシーラ、チネラープロフィルをチェック

サトシーラ(大野智):アレグラ人数億人を束ねるリーダー。5キロ先のくしゃみを聞き分ける聴力を持っており、一滴の鼻水も見逃さない。卓越した運動神経で、誰にもまねできないポージングを考案しては困らせている。特技は、無重力バク宙。

チネラー(知念侑李):サトシーラに幼い頃から憧れ、尊敬している。その願いが叶い、サトシーラと共に花粉から地球を守る任務に就く。銀河系体操選手権にて優勝した実績もあり、甘いマスクでアレグラ人女性のファンも多い。得意料理は紫キャベツのマリネ。(ザテレビジョン

大野智と知念侑李が「アレグラ」新CMで共演!