白鳥雄介が主宰するStokes/Parkの第2回公演『フィルタリング』が2020年1月29日(水)下北沢OFFOFFシアターにて開幕した。

本作は、とある高校のクラス編成会議をテーマに、人が人を選ぶ残酷さをコメディタッチで描いた作品。主演を務めるのは、お笑い芸人でありながら、ドラマ、舞台、映画と幅広く活躍中の大野泰広。さらに信江勇、塚原直彦(劇団モンキーチョップ)、太田知咲(DEAD STOCK UNION)、田中達也、藤村直樹(アンカット)、十河大地(宝映テレビプロダクション)、内田めぐみ(ソラカメ)、ちお、田畑賢人、小笠原里緒と下北沢界隈の小劇場を賑わす俳優陣が多数集結。本作は2020年2月2日(日)まで上演される。

Stokes/Park第二回公演 『フィルタリング』

Stokes/Park第二回公演 『フィルタリング

Stokes/Park第二回公演 『フィルタリング』

Stokes/Park第二回公演 『フィルタリング

作・演出:白鳥雄介 コメント

主宰・白鳥雄介

主宰・白鳥雄介

人生というのは常に「選択」の連続で、そこにはいつも自分なりの価値基準が存在しています。今作では、「人」が「人」を「選択」することを描きました。あなたの大切な人もあなたをなぜ大切にするのか、基準や理由が存在しているのかもしれません。辛い選択も、幸せな選択も、正義も悪も、自分の価値基準と照らし合わせるからこそのものです。公明正大な教師たちの正義に迫る約100分。人生に悩む若者世代からあの頃が懐かしい世代まで幅広い年齢の方に観て頂きたい作品です。
一緒に歩んでくれた役者陣、そして心強いスタッフに最大限の感謝をして、非日常を創ります。お客様のご来場を、心からお待ちしております。

Stokes/Park第二回公演 『フィルタリング』