1月26日深夜に放送された「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、日向坂46加藤史帆のかわいらしい読み間違えがクローズアップされる場面があった。

【写真を見る】「ヒルナンデス!」で共演したオードリーと佐々木久美&加藤史帆

「帰ってきた 日向坂46の 世界一やりたい授業」と題したこの日の放送。メンバーが興味を持っていることやハマっていることを、授業スタイルで発表していった。

トップバッターを務めた加藤先生は「お化け屋敷100倍楽しむ方法」をレクチャーした。加藤先生が特にオススメするのは「富士急ハイランド」にある「絶凶・戦慄迷宮~収容病棟篇~」。

その魅力や楽しみ方を熱く語る加藤先生。極意として最初に挙げたのは「素直な気持ちで、怖がりながら入る!」。

補足説明をする加藤先生は「辛いものは辛い、楽しいものは楽しい…」というせりふで、「つらいものはつらい」と読むべきところを思わず「からいものはからい」と読み上げてしまう。

すかさずMC若林正恭が「味覚からくるか?」とツッコみ、大爆笑。さらにテロップでも「※ヒルナンデスグルメロケではございません」との指摘が。

1月22日に放送された昼の情報番組「ヒルナンデス!」で、佐々木久美と共に出演し、オードリーとも共演していた加藤先生。番組内での食リポが好評だっただけに、ネット上では今回の読み間違えにファンの注目が集まった。

「かわいすぎかよ」「さっそく昼対応いじりw」「ヒルナンデス入れ込むの早いな笑」「テロップネタでしっかりヒルナンデスを弄る番組スタッフさんw」といったメッセージの他、「加藤史帆さんと戦慄迷宮に入って、一緒に駆け抜けたい」など願望をコメントするファンも見受けられた。

「日向坂で会いましょう」、次回は2月2日(日)深夜放送。「世界一やりたい授業」後編をオンエア予定。(ザテレビジョン

日向坂46加藤史帆が「お化け屋敷を100倍楽しむ方法」をレクチャー