世界で最も「嫌われている」オフィス業務は、「データ入力」だった――。RPA(ロボティック・プロセスオートメーション)のツールを提供するオートメーション・エニウェア・ジャパンが、2020年1月28日に発表した。

日本では、「経費処理」や「デジタルデータの整理」がトップ。日本の労働者は、1日のうち平均2時間以上、本来の業務とは異なる手作業の反復的なパソコン業務に費やしていることもわかった。

私生活での幸福度にも影響

調査は、米国のオートメーション・エニウェアが英調査会社に委託して実施。「企業におけるデジタルの反復的な管理業務に費やしている時間と、それに対する従業員の姿勢」を調べたもので、日本を含む11か国の企業で働く従業員1万人以上を対象に行われた。

回答者の過半数が「デジタル管理業務」について、「全体的な生産性を低下させる」(64%)「本業の妨げとなる」(51%)と回答。また、半数近くが「退屈である」(47%)「自分のスキルが十分に活用されていない」(48%)と答えた。

ミレニアル世代では、52%が「管理業務が少なければ生産性の向上につながる」と回答しており、世代を通した平均(48%)より、やや高い結果となった。

世界各国を通して最も嫌われている業務は、コンピューターなどのデバイスを使った手動によるデータ入力。20%が「一般的なデータ入力」を挙げた。次いで「Eメールの返信・整理」と「デジタル文書の整理(文書やスプレッドシート、画像、PDFなどを正しいフォルダへ保存する業務)」が、19%で並んだ。

これらの業務は、従業員が日常的に最も多くの時間を費やす管理業務の上位3つにも選ばれた。

日本の回答者に、最も「嫌われている」業務は「経費の処理」(20%)。また、グローバルの結果と同様に「デジタル文書の整理」(18%)や「Eメールの返信・整理」(17%)、「一般的なデータ入力」(16%)との回答が多かった。

反復的な管理業務は、労働者の私生活での幸福度にも影響がみられた。回答者のほぼ半数(49%)が「単純なデジタル管理業務のために、定時に退社できないことが多い」と答え、私生活へ影響があることをうかがわせた。

この回答の男女別では、女性が43%に対して男性は54%と、男性にとってより大きな課題のようだ。

日本の回答者の半数以上(52%)は、反復業務を自動化するテクノロジーに対する企業の投資を強化するよう要望。自動化によって解放される時間の活用について、日本の回答者からは「休息とワークライフバランスに割きたい」との希望が39%と最多。「新たなスキルの習得」(34%)や「現在の職務でのパフォーマンス向上」(34%)が続いた。

世界で最も「データ入力」。日本では「自動化に投資」を望む声