大人になって許せなくなったアニメキャラ

先日、ガールズちゃんねる「大人になって嫌いになったアニメキャラ」というトピックが立っていた。トピ主は子供の頃『耳をすませば』の天沢聖司が好きだったという。しかし大人になって改めてこの作品を観ると、態度やら、中卒なのにバイオリン職人になるためにイタリアに渡ろうとしていることなどが鼻についたのだという。現実を知って「甘い考えを抱くなよ」とアニメキャラに苛立ったという面白いパターンだ。

その上でトピ主は「皆さんが子供の頃は好きだったけど、自分が大人になって無理になったアニメキャラも知りたいです」と意見を募っている。(文:松本ミゾレ)

「ONE PIECEのルフィ。昔は好きだった。今は仲間仲間うるさい」

実際にトピックを見ていくと様々なキャラクターの名前が挙がっている。その理由とあわせての書き込みをいくつか紹介しよう。

世界名作劇場の『ピーターパン』。昔は好きで恋していたけど、今見たらクズ過ぎて腹立った。子供の気持ちを忘れてないにしても腹立つ」

「『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎが私の苦手な女のタイプになった」

ONE PIECEルフィ。昔は好きだった。今は仲間仲間うるさい

「『火垂るの墓』の清太。昔はおばさんの方に憎悪があったけど、大人になって改めて火垂るの墓観てたら清太にイライラした。ピンチに陥った時でさえ変に高いプライド抱えて大人を頼ろうとしない。たちが悪いのは節子まで道連れにしてるという点」

「『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面様。子供の頃は好きだったけど中学生と付き合う大学生ってクソ気持ち悪い

「『タッチ』の南ちゃん。あれのあざとさはヤバい」

と、こういう具合に「子供の頃は好きだったけど…」系のキャラについての名前がいくつか挙がっていた。

特に『火垂るの墓』の清太はたしかに最悪で、でも子供の頃はなんとなく親戚のおばさんヒールに見えてしまうから、僕も上記コメントを書き込んだ人物と同じような心象を抱いてしまっていた。子供って考えが至らないものだし。

アニメのキャラが急にダメに思えてくるのは成長の証?

子供というのは、アニメでの描写のごく表面的な部分でしか判断をしない。ルフィに憧れたり、ナルトが好きになるのは当然のことなのだ。そういう演出がなされているのだから。しかし大人になっていくと、人は現実を知る。これを成長するともいうが、スレるとも言う。

今回の趣旨はあくまでも"子供が見て、好きになる"と"大人になってみると辟易する"の変遷があるキャラだ。ルフィの「仲間」連呼が耳障りになるように。月野うさぎの日常パートの言動にイラっとなったり。そういう、本来キャラの造形に盛り込んでないような部分で嫌いになってしまうというのは面白い話だ。

もっとも、そんなことで嫌いになられても、アニメを作った側としては「別に大人に気に入られるためのキャラ作りはしていないよ」ってだけの話になるんだろうけどね。子供の頃は好きだったものが嫌になるというのは、人間が成長するごとに寛容さを失っている証左なのかもしれない。