突然ですが、問題です。この写真のどこかに猫が映っています。さて、それは一体どこでしょうか――?


この写真は、ツイッターユーザーのめい(@5meify)さんが2020年1月27日に投稿したもの。

めいさんが数か月前から飼っているトラネコみーちゃんがどこかに映っているというが......。めいさん曰く、擬態レベルは「100くらい」。その難易度の高さに、

サイゼリヤ間違い探し並みに激ムズです」
「わからないまま終わったw」
「どこに居るか?ではなく、どれも猫に見えてしまうんですけど...」

などの反応が寄せられた。また、「見つけた!」という人たちもリプライしているが

「左上隅ですね。かいらしいお」
「ど真ん中ですか?」
「中央左寄りの鉢上の上ですかねぇ?盆栽の幹のように寝そべっているのかとおもったのですが...」

と、猫は1匹のはずなのに様々な場所が「回答」としてあげられている。

果たして、みーちゃんはどこにいるのだろうか......。

こんなに擬態レベルが高い隊員と暮らしていた記憶はない
みなさんどこにネチコヤンがいるかわかりますか?
レベル100くらいだと思いますこ#ネチコヤンと暮らしていたはず写真展 pic.twitter.com/p43K9md9bw
- めい@趣味垢 (@5meify) January 27, 2020
正解はこちら

筆者は、写真を拡大してようやくみーちゃんを発見することができた。

まだ見つかってない、という方は写真のど真ん中をご覧いただこう。竹でできた花壇の右端のあたりに、キジトラの猫が佇んでいる。


周りの木々と完全に同化してしまっている。こんな見事な擬態を、めいさんはどうやって見破ったのだろうか。Jタウンネット編集部は30日、めいさんに撮影時の状況を聞いた。

「近くを通ったときにニャーと鳴き声がしたので探したのですが、どこにいるのか分からず...
普段から物の陰に隠れることは多かったので、またどこかに潜ってるのかなと思ったら、目の前にいました(笑)
これほどまでに同化したのは初めてだったので、驚くよりも笑ってしまいました。(笑)

とめいさん。飼い主でもなかなか気づくことができないとは、完璧な隠れ身の術だ。

みーちゃんが庭にいるときに、同じように見失ってしまうことはないのか尋ねると、「あります。(笑)」との答え。

「まだあまり慣れていないので、先ほど申し上げた通り、普段から物の陰に隠れたり、何かの下に潜っていたりするので、暗かったりすると鳴き声だけは聞こえて、どこにいるのか分からないときもあります」(めいさん)

みーちゃんからすれば、かくれんぼのつもりなのだろうか?なかなか見つけてもらえないので、痺れを切らしてめいさんに呼びかけているのかもしれない。

本当に猫がいます(写真はめいさんのツイートより)