大阪いずみ市民生協は、食の安全について「新しい技術でよく分からないから避ける」ではなく、「消費者が判断できるように科学的で正確な情報の発信に努めていく」という姿勢をとっています。
 今回の食の安全のコミュニケーション企画では、専門家を交え情報提供や意見交換を行います。

日  時:2月8日(土) 10:00~12:00
場  所:生協堺東本部 2F生協ホール
      (住所:堺市堺区南花田口町2-2-15)
主な内容:(1)ゲノム編集イネについて 開発目的と可能性 小松 晃さん
     (2)いずみ市民生協の考え方 政策担当 三原
     (3)グループで意見交流&全体交流
専門家 :小松 晃さん(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
      生物機能利用研究部門 上級研究員)
     小泉 望さん(ゲノム編集の未来を考える会 代表
     大阪府立大学 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 教授)
     山口 夕さん(大阪府立大学 大学院 生命環境科学研究科 准教授)
参加予定:消費者・職員 80人



配信元企業:大阪いずみ市民生活協同組合

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ