東京大学中退という異色な経歴を持ちながら、明晰な頭脳を生かしマルチに活躍するラッパー・ダースレイダー(42)。

darth

 この連載では現代日本で起きている政治や社会の問題に斬り込む。今回は安倍晋三首相主催の「桜を見る会」について。

 毎度のように予算を大幅に超過していることや、招待基準の不透明さを野党が指摘。追及本部によるヒアリングは20回を超え、特に対応にあたっている内閣府酒田元洋官房総務課長による、のらりくらりとした答弁に、若者からも呆れる声が続出している。

 若者はどう見るべきなのか? ダースレイダーが説く。

みんな「現実のつまらなさ」に呆れてる

安倍首相
© Ognjen Stevanovic
ダースレイダー:連日国民が見せられている映像だって、酒田さんの答弁もひどいし、嘘ばっかりだし。「(招待者名簿が)無い」と言ったら実はあって、「でもやっぱり捨てた」とか、もうなんだかわかんない。

 世論調査では、桜を見る会に関する安倍首相の説明に納得しているかという問いに、8割以上が納得してない。ただ、不満はあるとは言いいつつ、内閣の支持率自体はちょっと上がったりしてるんですよね。

 これは何を意味しているかというと、「政治で何をやってても、僕らの生活には関係ないよ。どうせ誰がやっても一緒だし」っていうムードになっている。みんな、現実のつまらなさに呆れてると。

「桜を見る会」をゲームとして楽しもう

darth

ダースレイダー:特に今、テクノロジーがすごく進化してる中で、ゲームってスマホパソコンでもできるし、VRもあったりして、現実よりもゲームしてたほうが楽しいじゃんっていう。ゲームは一時的に現実を忘れるための脇道だったのが、今は「ゲームだけやれてれば、あとはどうでもいいじゃん」ってくらい現実がしょぼくなってきちゃった。

 しかも、今のゲームって「何面までクリアしたら、エンディング流れて終わり」って形を取ってないんですよね。例えば『ポケモンGO』とか『ドラクエウォーク』みたいに、永遠にレベル上げする世界。

 さらに現実の世界、地図ともリンクして、実際のフィジカルな行動とゲームの行動がほぼ一緒になっていて、それが最後にネットで繋がって、一緒にゲームやってる人たちとモノを交換したりできるっていう、ある種のリアリティがある。

 一方で、現実世界では友達もそんなにいないし、親とも仲良くない。こういうとき、現実にどう向き合べきかと考えると、むしろ現実もゲームとして楽しめるという考え方で、桜を見る会とかを見ていくのがいいと思ってる。

僕らは「税金」を課金している

ダースレイダーガチャを回すときに課金しますよね。お金を入れてガチャを回してアイテムを集めるわけですけど、実は現実にも、20歳以上の人は税金という課金をしている。

 つまり、このゲームに対するエントリー費をすでに払っているわけ。だけどプレイしないで課金だけされてしまう、っていう状態を、「あれ、これもったいねえな」という見方で現実に参入してみましょう、と。

 そこからはガチャを回し続けて、何が出てくるか?っていう。まず、桜を見る会の招待状ってのが出てきた。これをジャパンライフっていう詐欺マルチ商法の会社がPRに使ってたぞ。

 PRに使ってた招待状の下に「60」っていう数字が書いてあるぞ、この数字の意味は何なんだ!って考えると、どうやらこれは首相から招待した人についてる番号らしい。小泉純一郎首相のときは60は首相枠だったと。ところが、酒田さんに聞いてもはっきりしない。じゃあいつ変わったんだ……と。

 これが全部推理小説だと思って考えたら、2時間のサスペンスドラマとしては非常によくできている。ただ日々流れてくるニュースでも、漢字がいっぱい並んでる、いかにもエンターテイメント性のない肩書きの人が出てきて……とかそういうのはすっ飛ばしていい。

「あれ、ここの部分ってどうなってんの?」っていう興味を持ってみる、つまりガチャを回し続けると、非常に面白くなってくると思います。

イライラしても“ゲーム感覚”になる

ゲーム
※画像はイメージです
ダースレイダーヒアリングに関しては、野党に「いい加減やめろ」という声もあるけど、なんで追及しているかというと、これは政府が答えてないから。

 そこで、酒田という登場人物をゲームとして攻略するにはどうすればいいのか考えてみる。これね、ずっと同じ問答をしているように見えるんですけど、ヒアリングを20回以上やっている間に、ちょっとずつボロがでてくるんですよ。そこで、ゲーム感覚で整合性を取っていく。

 ちなみに前提として、彼は官僚で、“嘘をついちゃいけない人”なんですよ。僕らがプレイヤーとしてコントローラーを握っていて、僕らが入れたコマンドで動いているのが野党議員だと考えるとわかりやすいけど、官僚サイドは何か言いたくないことがある場合、嘘をつかずに言うっていうテクニックを使ってくる。

 これを、何回も質問を重ねることによって得られた回答を組み合わせると、「あれ? ぽっかり穴があいてるぞ」っていうところが見えてきて、それが本当のことだったりする。こうやってゲーム感覚で見ていくと、イライラするようなヒアリングも楽しめるようになります。

プレイヤーの名前をなぜ公開できないか

ダースレイダー例えば「個人情報なので、誰が招待されたか、誰が来たかという感じでは答えられません」ていうことをよく言ってるんですけど、桜を見る会って、国が、日本にとって素晴らしい働きをした人たちの慰労のために毎年開いていて、昭和27年からずっと続いている風習なんですよね。

 そういう人たちの名前を出せないっていうのがよくわかんない。例えば、『ドラクエウォーク』でメガモンスター倒したときに、活躍したプレイヤーが1位から3位まで出るんですけど、それと一緒で、活躍した国民をみんなに発表して、おめでとうって拍手する会なんで、そもそも参加したことを「言えない、言わない、言われたくない人」は参加してない会であるはず。

 かつ、桜を見る会で検索すると、出るわ出るわ。「桜を見る会に行ってきました!」って楽しそうな写真が。なのに、追及されたら名前が出せないということは、マズい人が紛れ込んでんじゃないのと。

 ま、そういう話になると思うんで、これを探していくとおもしろくなりますね。紛れ込んでちゃヤバそうな人の写真が逆にもう出てきてて「あれ、この人とこの人がセットで写真に写ってるってことはダメなんじゃないの?」みたいな。このゲームも非常にやりがいがありますね。

 記者から見解を求められた官房副長官から「反社の皆さま」っていう言葉が出たこともありましたね。皆さまって付けたら何でも聞こえが良くなるんだったら、どんどん皆さま付けて「大麻で逮捕された皆さま」とか、全部皆さまって呼んでみるのも面白いゲームだったりして。

問題は「僕らのお金」で開催されていること

法律 政治
kelly marken / PIXTA(ピクスタ)
ダースレイダー:一番の問題は、僕らが課金したお金で開催されてるっていうことなんですよ。僕らがゲームをやるために課金した、ガチャを回すために課金したお金で。

 僕らなんかしょぼいアイテムしかもらえてないのに、同じお金ででっかい桜を見る。新宿御苑を貸し切って、1万8000人もの人が、飲めや歌えやの大騒ぎをしていると。これ、誰のお金かというと、僕らのお金なんですよね。

 ルール上、それってありなのかということを、現実をゲームとして考えてみると、やっぱり疑問。

 ゲームのためにお金をいっぱい使っているのに、一部の人だけがそれで楽しい思いをしているってなったら、「あれ? これ同じ条件で参加しているんじゃないの?」っていうことになると思うんで。

誰がどういう立場で話しているのか

darth

ダースレイダー:本気で怒っている人も多いし、それはもっともだけど、楽しく相手を倒すっていうのもいいんじゃないかな。楽しんじゃうと、あちこちおもしろいボロが出てくる。

 一方で、桜を見る会は問題ないと思っていて「こんなことはすぐにやめて、もっと大事なことを話し合え」と言っている人も結構いる。ガチャを回していくと、何年か前の桜を見る会に参加している人だったりね。

 この人、なんでこんなこと言っているんだろう? そっかそっか、楽しかったからか。俺らの楽しい遊びを奪うんじゃないよ、ってことね。そういうことを考えていくと、誰がどういう立場で話しているのかわかってきます。

<構成/鴨居理子 撮影/山口康仁>

【ダースレイダー】

1977年パリで⽣まれ、幼少期をロンドンで過ごす。東京⼤学に⼊学するも、ラップ活動に傾倒し中退。2010年6⽉に脳梗塞で倒れ合併症で左⽬を失明するも、現在は司会や執筆と様々な活動を続けている。

© Ognjen Stevanovic