コンビニの冷凍たこ焼き、手に取ったことありますか?

「普通にウマイ」「ばかにできない」SNSでは人気の冷食です。

そこで、今回はセブン-イレブンローソンファミリーマートの冷凍たこ焼き食べ比べてみます。

一見同じでも味は...

いずれも6個入りで、解凍前、袋から出した状態での見た目はさほど違いはありません。

セブンプレミアム たこ焼(235円)

中に入っているたこはどのコンビニも個体差がありますが、セブンは平均的に大きい印象です。味は甘めのソースがアクセントになっています。食感は外側が皮のようにしっかりとしており、中はとろ~り系。全体でもっちり感があります。

実はこの商品、2019年11月以降しばらく姿を消していましたが、20年2月3日、記者は複数の店舗で商品が冷凍食品コーナーに並んでいるのを確認! もともとファンが多い商品だけに改めて人気がでそうです。

SNSではコスパ最高」「レンチンでこのクオリティと、ハマっている人は多い様子です。

ローソンセレクト たこ焼(226円)

ローソン外も中も全体的にやわらかく、ふんわりとした生地です。ソースの味は3社の中では薄めで、1番優しい味わいかもしれません。

SNSでも、「中身がトロっとしていて美味しい」「何度も食べてるけどやっぱり旨い」と好評です。

お母さん食堂 たこ焼(248円)

ファミマこんがり、中とろとろ系ソースが濃いめなのと、かつおぶしの量が多いのが印象的でした。3社の中で、1個あたりの食べ応えが1番あるかもしれません。

SNSでは「一粒が大きくて食べ応えがあってとても美味しい」「カリっふわなたこ焼きとの声が寄せられています。

たこが大きいのが好きな人はセブン、安さと優しい味わいならローソン、こってり系ならファミマでしょうか。SNSでは自分でマヨネーズ青のり紅ショウガをトッピングして、アレンジしている人も多数見かけました。

実は3社とも製造会社は冷凍食品メーカーテーブルマークなのですが、それぞれ味に違いが出るのはすごいですよね。

みなさんも食べ比べして、好みの味を探してみて。