2020年1月6日、Consumer Electronics Showネバダラスベガス)発 – インテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは本日、NXP(R)の最新製品S32Gプロセッサ向けにソフトウェアサポートを提供することを発表しました。この新しいプロセッサは、ハードウェアセキュリティ、ASIL D機能安全、高性能プロセッシングネットワークアクセラレーション機能を兼ね備え、サービス指向ゲートウェイドメインコントローラセーフティコプロセッサに対応しています。

VxWorks(R) および Wind River Helix™ Virtualization Platform ボードサポートパッケージBSP)は、新製品のNXP S32G車載ネットワークプロセッサで利用可能です。今回のBSPの充実により、ウインドリバーは、オートモーティブ分野のユースケースで使用される既存のNXP S32Vおよびi.MX 8Mファミリを含む、NXPの最新のプロセッサで、セキュアで安全なシステムの開発を継続して行っていきます。

インドリバーの製品担当バイスプレジデント、ミッシェル・ジェナールは次のように述べています。「次世代車載システムではデータが膨大なため、セキュリティと安全性を最優先事項として守ると共にダイナミックワークロードを処理する能力を備えることが必須となります。ウインドリバーは長年にわたり、オートモーティブ、アビオニクス、通信・ネットワークなどの業界のミッションクリティカルなニーズに応える、実績のあるソフトウェアを提供してきました。NXPとの協力によって、両社の共通のお客様がテクノロジやビジネスにおける課題を解決し、自動運転の目標を実現するよう支援してまいります」

NXP Semiconductorsのバイスプレジデント兼車載ネットワークプロセッサ担当ジェネラルマネジャー、レイ・コーニン氏は次のように述べています。「コネクテッドカーや自動運転車はますます大量のデータリアルタイムでセキュアにかつインテリジェントに取得、処理できる機能を備えていなければなりません。ウインドリバーのようなパートナーと緊密に協力することにより、NXPはサービス指向ゲートウェイドメインコントローラに必要とされるセキュリティ、安全性、高い性能をお客様に提供します」

業界をリードするリアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)であるVxWorksは、ディターミニズムと応答性の両方に最適化され、安全性とセキュリティが証明された環境で実績を重ねています。VxWorksは、TÜV SÜDのISO 26262 ASIL D認証済みで、様々な業界の350社以上の企業及び500以上の安全性認証プログラムで使用されています。

Wind River Helix Virtualization Platform(Helix Platform)は、将来にも対応する重要インフラシステム向けのエッジコンピューティング用ソフトウェアラットフォームです。VxWorksと仮想化テクノロジから構成されており、Wind River Linuxシステムシミュレーション用のWind River Simics(R) が統合されています。Helix Platformは、安全規格 ISO 26262、DO-178C、IEC 61508の厳しい安全認証要件を満たしています。

新製品であるNXP S32Gプロセッサは、高速over-the-air(OTA)を活用した新たな機能や先進的なエッジ-クラウド間分析を可能にするサービス指向ゲートウェイを実現します。ASIL D機能安全への対応と車載ネットワーク性能の向上により、自動運転アプリケーションサポートします。S32Gプロセッサは、簡素化したドメインゾーンベース車載アーキテクチャへの移行を促進するとともに、リファレンス・システム・ソリューションをお客様に提供します。

インドリバーのオートモーティブソリューションとテクノロジについてはこちらをご覧ください。
www.windriver.com/japan/markets/automotive/

インドリバー製品についてはこちらをご覧ください。
VxWorks
https://www.windriver.com/japan/products/vxworks/

Wind River Helix Virtualization Platform
https://www.windriver.com/japan/products/helix-platform/

Wind River Linux
https://www.windriver.com/japan/products/linux/

Wind River Simics
https://www.windriver.com/japan/products/simics/

インドリバーについて
インドリバーは、エッジコンピューティングソフトウェアを提供する世界的なリーディンカンパニーです。そのテクノロジは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティパフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。
https://www.windriver.com/japan/

# # #

Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

※本プレスリリース2020年1月6日に発表したプレスリリースの抄訳です。
https://www.windriver.com/news/press/pr.html?ID=22598

配信元企業:ウインドリバー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ