おつき合いが長くなってくると、お互いが安心しあっている分「なあなあ」になってしまうことも増えてきますよね……。

そこで質問です。

「あなたは彼氏をちゃんと大切にしていますか?」

以下の質問に「はい」「いいえ」で答えてみてください。

「はい」が3つ以下なら、少し自分の姿勢を見直してみたほうがいいかもしれません!

【質問1】彼の前で笑顔でいる場面は多い?

彼との仲が深くなると自然体になりすぎて、彼の前でつねに仏頂面になっていませんか?

無理に作り笑いをする必要はありませんが、彼がなにかしてくれたときや、楽しいときなどは笑顔を見せてあげてくださいね

【質問2】彼のおねがいを聞いている?

つき合いはじめには聞いてあげていたような、ちょっとした彼のおねがいごとを、「えー……」と断っていませんか?

もちろん「すべて」じゃなくても良いのですが……。

あまりに断り過ぎているようなら、たまには聞いてあげましょう。

「今日は聞いてくれた」と彼もうれしくなるはずです。

【質問3】彼の話をよく聞いている?

直近の会話を思い返してみてください。

自分ばかり話していて、彼の話を聞いていない……なんてことはありませんか?

なんとなく会話のパターンができてくると、会話量が偏りやすくなります。

もし思い当たるなら、少し意識して彼の話を聞くように心がけてみましょう。

【質問4】「ありがとう」とよく言ってる?

彼になにかしてもらっても「ん……」で済ませていないでしょうか?

もしくは、ちょっとしたことなら「ありがとう」と言わないとか……。

他人だったら「ありがとう」と言っているであろう場面では、彼に対しても「ありがとう」と言うようにしましょう。

小さなことにこそ、感謝できる関係を目指すといいですよ。

【質問5】「ごめんね」と素直に言える?

自分が悪いときは、ちゃんと謝っていますか?

ケンカになると意地を張って謝らなかったり、「ごめん」を言わないままにケンカを終わらせようとしたりしていませんか?

ケンカになるときは、どちらか一方だけが悪いことって実はあまりありません。

あなたにもなにか落ち度があると感じたら、素直に謝りましょう。

きっと彼も自分が折れるタイミングを探していますよ。

【質問6】「好き」だと伝えている?

彼に最後に「好き」と言ったのはいつですか?

「つき合っているんだから言わなくてもわかるでしょ?」と思っていませんか?

「言わなくても伝わる」というのは、受け取った側が思うことであって、伝える側が思うことではありません。

彼のことが「好き」ならきちんと言葉にして伝えましょう。

おわりに

長くつき合っていても「笑顔」や「好き」で満たされていると、結婚してもそんな生活が続くと想像できますよね。

長くつき合っていても最低限の配慮やマナーを忘れなければ、ふたりの関係はこれからも素敵なままでいられるのでしょう。

ぜひ、ときどきチェックしてみてくださいね

(矢島 みさえライター

(愛カツ編集部)