2月5日放送の「BACK TO SCHOOL!」(フジテレビ系)で、中川翔子が孤独な学生時代について語る場面があった。

【写真を見る】制服姿を披露した中川翔子に、PUFFY大貫亜美も「いいね」(他ジャージ姿も公開)

この日の放送で中川が“転校生”として訪れたのは京都府市立京都芸術高等学校

17歳デビューした中川は、ブログなどで注目を集めテレビの人気者となり、プロ顔負けの画力を生かして絵本や漫画の世界でも活躍してきた。

子どもの頃から絵を描くことが大好きだった中川だが、中学1年生の1学期から「スクールカースト」に悩まされ、同学年の女子グループに「絵とか描いてんじゃねえよ!キモいんだよ!」という言葉を浴びせかけられたこともあったという。

「学校が怖い。学校が嫌だ。そんな感じだった」と当時を振り返った中川は、今回の訪問先となる高校の校門を前にして、「怖い。どうしよう…」とためらう様子を見せる。だが、転校のあいさつでは3日間だけのクラスメートとなる“同級生”の前で「みんなと何か1つのモノを作りたい」と中川は意気込んだ。

転校初日、初めての教室でどうしていいかわからず戸惑っていると、隣の席の女子生徒が「教科書いっしょに見る?」と声をかけて中川をサポート。また、訪問前には学生時代を振り返って、「休み時間が『怖い』しかない。すっごく長く感じる。休み時間が地獄だなって思ってました」と語っていた中川だが、今回の転校先では中川の周囲に女子生徒たちが集まって自己紹介。「しょうちゃん」と呼びかけられた中川が「うれしい! 初めてのあだ名だ」と言いながらホッとした様子で笑顔を浮かべる場面もあった。

番組終盤では、美術部全員で巨大な絵を完成させる「ライブアート」に中川も参加。放送の前後に中川はTwitterを更新し、ライブアートで描いたクジラの画像とともに「中学のときは学校から1秒でも早く帰りたいから帰宅部で 高校は通信制だったから部活がなくて こうやって、みんなでひとつのものをつくる、って できなかったこと 憧れでした みんなで描いた夢のクジラ 間違いなく青春を上書き保存できました」と投稿。

視聴者からは「めちゃくちゃ泣いた」「学校嫌いのトラウマ克服できてよかった」「素敵な3日間…泣きました」「同級生たちとしょこたんの間にあったのは、年齢差を感じさせない友情だったよ」などのメッセージが寄せられていた。

次回の「BACK TO SCHOOL!」は2月12日(水)放送予定。(ザテレビジョン

中川翔子