世界累計観客動員数8,100万人、1981年の英初演以来今なお世界中で愛されるミュージカルの金字塔を実写映画化した『キャッツ』が公開中です。



 この映画版『キャッツ』は、『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督ミュージカル界の巨匠アンドリューロイド=ウェバーなどが名を連ね、映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選抜した珠玉のキャスト陣が、個性豊かな猫たちを演じていることでも話題の一作です。



フランチェスカ・ヘイワード(左)とトム・フーパー監督(右)



 このほど日本公開に先立ち、主人公ヴィクトリアを演じた英国ロイヤルバレエプリンシパルダンサーフランチェスカ・ヘイワード、トム・フーパー監督が来日。この『キャッツ』にまつわるエピソードの数々を聞きました。


キャストには長い間“キャットスクール”に
――演技が出来て歌が歌えてダンスも出来るというキャストを探すことは、相当な苦労だったのではないでしょうか?


トム・フーパー:レ・ミゼラブル』(12)の時に、歌と演技の両方が素晴らしいキャストを探す苦労を経験しているけれど、今回はそれにダンスも加わるから本当に大変でした。猫の動きを習得するために、キャストにはリハーサルから長い時間“キャットスクール”に通ってもらって。猫の専門家の指導のもと、猫の動きをキャストたちは実践しながら習得していきました。フランチェスカキャットスクール一番の優等生です。


フランチェスカ(照れながら)ダンスに関しては少しだけ皆さんより経験があったかもしれません。



トム・フーパー:フランチェスカは)飼い猫のように甘やかされていないので謙虚なんですよ(笑)


テイラー・スウィフトの前での生歌披露に緊張……
――一方、歌に関してはフランチェスカさんにとって大きなチャレンジでしたね。


フランチェスカそうですね、ただでさえプロの歌手ではないわたしが、ジェニファー・ハドソンさんなど素晴らしい歌声の持ち主と一緒に映画で歌声を披露するなんて……という感じでした。(歌の)収録でも、モニターの後ろにはトム・フーパー監督、アンドリューロイド=ウェバーさんとテイラー・スウィフトさんもいて、そんな状況で生歌を披露しなければいけなかったので、すごく緊張しました。でも、テイラーさんは仮歌を歌ったあと「うまく歌えたかしら?」って、わたしに聞いてくれて。とても貴重な経験になりました。



――すごいですね!何百万人の前で歌っているテイラーさんが、自分だけに歌うなど、なかなかない経験ですよね。


フランチェスカ本当にそう思います。実際に完成した作品を観た時も、それぞれの猫たちの曲と歌声が素晴らしかったので感動しました。撮影では、さまざまなパフォーマンスと生伴奏をバックに撮っていましたし、人間を猫のサイズに置き換えてリアルに作られた美術セットだったので、完全に猫になりきる事が出来、それが映像にも表れていてうれしかったです。


トム・フーパー:キャッツを映画化する際にアンドリューロイド=ウェバーの協力がなくてはあり得ないと思っていたし、二人(アンドリューテイラー)の歌声を目の前で聴くことが出来たのは素晴らしい経験だったよ!


◆猫に超詳しくなったトム・フーパ―監督
――監督も相当猫に詳しくなったのではないですか?


トム・フーパー:ありとあらゆる猫に関する書物を読み、映像もたくさん観て、猫に関しては相当勉強しました


――映画の中のヴィクトリアがとってもキュートで美しかったのですが、この映画を観てフランチェスカさんのお芝居をもっと観たい、猫以外の姿も映画館で観たいと思う方が多いと思います。これからも映画に出演したいという気持ちはありますか?



フランチェスカ今回このような特別な作品に出ることが出来て、たくさんの素晴らしい経験をさせてもらいました。わたしは普段舞台で踊っていますので、難しいこともたくさんあったのですが、今後新しいことに挑戦していきたいという気持ちを強くさせてくれたので、ぜひお話がいただければやってみたいです。


――楽しみにしている日本のファンに向けて一言お願いします!


フランチェスカ一見楽しいミュージカルですが、深いテーマメッセージが込められている作品です。愛、救い、人生の再生など……たくさん詰まっているので、ぜひ注目してください。


トム・フーパー:素晴らしいパフォーマンスを通して、優しい心がもたらす変化を描いた作品になっています。



【トム・フーパ―】
イギリスロンドン出身の映画監督。2010年イギリス国王ジョージ6世を題材にした『英国王のスピーチ』では、アカデミー作品賞、監督賞をはじめ、4部門を受賞した。


フランチェスカ・ヘイワード
ケニア・ナイロビに生まれ、2歳でイギリスへ移住した。英国ロイヤルバレエプリンシパルダンサーで女優。


(C) 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


<文/トキタタカシ


【トキタタカシ】映画とディズニーを主に追うライター。「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。故・水野晴郎氏の反戦娯楽作『シベリア超特急』シリーズに造詣が深い。主な出演作に『シベリア超特急5』(05)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。現地取材の際、インスタグラムにて写真レポートを行うことも。