2020年6月6日(土)第一生命ホールにて『赤毛のアン』アニメコンサートが開催されることが決定した。本公演はオーケストラ生演奏と、アニメーション全50話をストーリー仕立てに再編集した特別映像によって、感動あふれる「赤毛のアン」の世界をお届けするコンサートだ。

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

36ヵ国で翻訳され、全世界で累計5,000万部発行されているモンゴメリ著「赤毛のアン」。TVシリーズ『赤毛のアン』は、巨匠・高畑勲監督作で、場面設定を宮崎駿監督が、そしてキャラクターデザイン近藤喜文が担当し、1979年に初回放送され40年経った今でも、色褪せることなく愛され続けている作品。

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

『赤毛のアン』の主人公はいつも明るく前向きなアン。本公演では、アンの感動の物語を彩る、現代音楽界の巨匠・三善晃作曲の主題歌「きこえるかしら」「さめない夢」をはじめとした楽曲の数々を、オーケストラの生演奏で甦る。さらに、オーケストラサウンドに合わせ、アンがグリーン・ゲイブルズに来た日から最愛の養父・マシュウとの別れまでの特別編集映像をスクリーンにて上映する。

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.“Anne of Green Gables”™AGGLA

さらに、スペシャルサポーターとして、アン=シャーリー役の山田栄子最終話ラストシーンを完全再現。そして主題歌「きこえるかしら」でお馴染みの歌手・大和田りつこによる歌唱など、ファン必見の盛り沢山なプログラムが行われる予定となっている。

大和田りつこ

大和田りつこ

「赤毛のアン」とは

1979年1月から日本アニメーション株式会社の代表作「世界名作劇場シリーズ」の第5作目として放送される。
感受性が豊かで、悲しいことも得意の想像力で喜びに変えてしまう主人公・アンが、家族や友人とともに失敗を繰り返しながらも聡明な女性に成長するまでを丁寧に描き、同年の厚生労働省が選定する「児童福祉文化賞」を受賞。
監督・高畑勲、場面設定・宮崎駿といった豪華なスタッフによって制作された本作は、グリーン・ゲイブルズの豊かな自然や、アンの心象風景といった美しい映像が魅力のひとつとなっている。