もし今あなたに気になる相手がいたとしても、結婚したら豹変するような相手だったとしたらショックですよね。

少しでも相手にダメ男の兆候が見えたなら、落ち着いて考えるために一度立ち止まってみるのもいいかもしれません。

いい男を見抜くポイントは発言と態度。さて、どこに注目すればいいのでしょう。

そこで今回は、交際前に「結婚したら“幸せになれる”男性を見極める方法」をご紹介いたします。

あなたが落ちこんだときに励ますのが上手

結婚すると、さまざまな試練や壁が二人の前に立ちはだかるのが常。

そんなときに、パートナーがメソメソ・クヨクヨするタイプだと、あなたまで暗く落ち込んでしまいます。

むしろ、あなたがつらいときに、ときに厳しく、ときに優しく励ましてくれるのがいい旦那の条件。

そのため、落ち込んだときにあなたのことを上手に励ませるかどうかをチェックしましょう。

ネガティブな感情をポジティブな感情へ切り替え、知らず知らずのうちにエネルギーがもらえる彼なら、いい夫になってくれるはず。

ありがとう」「ゴメン」の一言をちゃんと言える

ちょっとしたことであっても、反射的に感謝や謝罪の言葉が出ない男子は要注意。

もしかしたら「してもらって当然」という態度でいるのかもしれません。

そんな考え方のクセを1から直すのは、かなり大変。結婚生活でも、あなたを家政婦のように扱うかもしれません。

でも、どんなに小さなことでも「ありがとう」や「ゴメンね」と言える相手なら、あなたを尊重してくれるはず。

なにげない言葉には、意外と本心が現れているものなのです。

言ったことや時間・約束を覚えている

あなたの言ったこと、時間などの約束を覚えていない男子は、結婚したあとで真剣に向き合うことができないタイプの可能性が。

あなたの話したことに対するリアクションも薄くなり、口ではやると言ったものの行動が伴わくなるでしょう。

でも、自分の発言に責任を持ち、あなたの言葉や約束を覚えている彼なら、結婚後も人生設計を描きやすいと言えます。

貯蓄や役割分担、子供の教育などもしっかり一緒につくっていけるため、いつまでも仲良しでいられるはず。

常識や普通を押し付けてこない

自分の中に信念があることは尊敬できるポイントですが、他人にもそれを押し付けてくるとなると話は別。

「常識でしょ」「普通は○○だよね」といった、自分の考えが正しいと信じて疑わない彼と結婚すると、もう大変。モラハラになる場合もあります。

そのため相手を見る際には、価値観を押し付けてこないかどうかに注目してみて。

自分の中に軸を持ちつつも、相手を尊重できる柔軟性を持っている彼なら、素敵な旦那さまになってくれるでしょう。

おわりに

結婚前は魅力的だった部分が、結婚後に大嫌いになったという話はよく耳にするもの。

異なる環境で生きてきた二人が一つ屋根の下で暮らすため、価値観や生活感のすり合わせが大切になってきます。

いざ結婚して見て、「こんな人だと思ってなかった……」なんてことにならないよう、結婚前にしっかり相手を見極めることをお忘れなく!

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター

(愛カツ編集部)