2月10日(月)放送の「ネプリーグ SP」(夜7:00-9:00フジテレビ系)で、<名門大美女軍団>と<成り上がり芸能人>が激突する。

【写真を見る】2.5次元ミュージカル界のトップスター・佐藤流司、相手チームを挑発!

2.5次元ミュージカル界のトップスター佐藤流司の挑発に…

<名門大美女軍団>には、王理恵、神田愛花、草野満代、紺野美沙子、土屋炎伽、福井セリナ、藤本万梨乃、松本有紗といった、東大、慶應、明治など、名門大学出身の才女たちが集結。

一方の<成り上がり芸能人>には、EXIT、泉谷しげる小手伸也佐藤流司陣内智則武井壮、藤本敏史ら、芸を磨いて生き抜いてきた男たちが参加する。

1stステージは、ことわざ、名言、歌詞など、あらゆる分野から10文字で成り立つ言葉を出題する新ステージ「テンリーグ」。1人も間違わずに全員で正解を目指す、チームワークと信頼感が試されるステージとなる。

王貞治の娘で青山学院大学出身の王は、「普通にやれば楽勝だと思う」と勝利宣言

また、2019ミス・ジャパン日本大会のグランプリで、土屋太鳳の姉でもある明治大学出身・土屋炎伽が初参戦。大学卒業後は一般企業に勤めていたというだけに、会社員時代に培った常識力に期待が掛かる。

一方、チャラい見た目に反する、真面目過ぎる姿を暴露されてしまうEXIT。また、2.5次元ミュージカル界のトップスター・佐藤は、相手チームを「レベルが低い」と挑発する。

■ りんたろー。に対して、余裕の表情を見せる土屋炎伽

2ndステージは、5つのライフがあるうちに答えが多数ある問題に1人1問必ず回答し、さらに答えが思いつく限り答えを絞り出して得点を稼ぐ全員参加の新ステージ「シボリーグ」。20人全員参加という今回の注目ステージで、誰でも1つ以上は答えられて当然の問題を2問出題する。

<名門大美女軍団>は、慶應大学出身の紺野が正解を連発。<名門大美女軍団>は知識でじっくり攻め、<成り上がり芸能人>は本能でどんどん解答していく。

3rdステージは、知らないと恥ずかしい常用漢字を間違えるまで回答する「日本語ツアーズ・バギー」。「僕1人でいっちゃうんで、名倉パイセン(名倉潤)は休んでてください!」と自信満々の<成り上がり芸能人>トップバッター・りんたろー。は、アンカーの名倉を休ませるべく奮闘する。

対する<名門大美女軍団>のトップバッターは、明治大学出身の土屋。りんたろー。を見て、「チャラ男には負けたくない」と余裕の表情を浮かべる。

■ 土屋炎伽がチアの応援を披露

4thステージは、さまざまなものの割合を2チーム同時で回答する新ステージパーセントバルーンbattle」。超有名テーマパークに関する問題で<名門大美女軍団>の王がまさかの解答見せる。

<成り上がり芸能人>はEXITの兼近が原田(泰造)を差し置いて1番手キャプテンに就任。このステージでは、誰が世間の感覚とズレているのかが明らかになる。

5thステージは、答えが10個以上ある問題にチーム10人で1人ずつ回答するステージウルトラボンバー」。<名門大美女軍団>は、チームワークが試される最終ステージで東大出身の松本が大失態。そんな松本に対し、現役チアリーダーでもある土屋がチアの応援を披露する場面も。

<成り上がり芸能人>は、国語の超常識問題でりんたろー。が大ピンチに。ボーナスステージサバイバルトロッコアドベンチャー」への切符を目指し、両チームが最終ステージで激闘を繰り広げる。(ザテレビジョン

「ネプリーグSP」に土屋炎伽が登場。現役チアリーダーということで、チアの応援を披露する場面も