セリエA第23節、サンシーロでのミランルビーは凄まじい展開になった。

前半は2点を奪ったミランが完全に制圧していたが、後半は流れが一変。インテルが4点を奪って、4-2の大逆転勝ちを収めたのだ。

ミランの失点シーンがこれ(以下動画1分40秒~)。

ブロゾヴィッチのミドル一発!これで息を吹き返したインテルミランを圧倒。

ズラタン・イブラヒモヴィッチは古巣相手に1ゴール1アシストの大暴れだったが、『Sky』によれば、敗戦後にこう吐露していたそう。

ズラタン・イブラヒモヴィッチミランFW)

「何が起きたのか説明するのはが難しい。

ハーフタイムに自分たちに言い聞かせた、(後半)最初の15分が重要になるだろうと。そして、その15分で2点を奪われた。

俺たちはプレーするのを止めてしまった、チームは信じることを止めてしまった。プレッシングも止めて、パス回しも。同点にされてから全てが崩壊した。

これの多くは経験(の無さ)によると思う。最後に勝つだけでなく、2-0の試合のコントロールする術を知らなくていけないからだ。

奇妙だね、前半の俺たちはほぼパーフェクトだったからさ。

インテルはもっとやってくると思っていた。前半のパフォーマンスは2位のチームにふさわしいものではなかった。

だが、彼らは後半にやってきた」

完全な勝ち試合と思われただけに、さすがにショックだったようだ。

イブラヒモヴィッチ、まさの大逆転負けに「おかしい」と本音吐露