株式会社ジュピターテレコムJ:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村 公彦)と、国内最大4チャンネルスポーツテレビ局株式会社ジェイ・スポーツ(J SPORTS、本社:東京都江東区、代表取締役社長 木下 伸)と、株式会社WOWOWWOWOW、本社:東京都港区、代表取締役社長:田中晃)は、アジア初開催となったラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会での熱狂と興奮も冷めやらぬ中、2020年2月8日(土)に第71回さっぽろ雪まつり会場内「J:COMひろば」にて「J:COM × J SPORTS × WOWOW presents ラグビースペシャルトークショー」が開催しました。


イベントリポート>
ワールドカップゴールではなく、これからが大事
大西将太郎さん

イベントスタートすると、大西将太郎の登場としんやのラグビーものまねで会場は一気にヒートアップマイナス4度の冷え込みにも関わらず、ラグビーファンをはじめ雪祭りを楽しむ人たちが次々と足を止めた。
ラグビー芸人しんやさん>早速、話題は昨年のワールドカップラグビーブームへ。大西は「ワールドカップゴールではなく、これからが大事。今はWOWOWJSPORTSJ:COMが垣根を超えてONE TEAMになり、ラグビー文化を広げてくれている。そして、観客の皆さんのご協力があってこそラグビーは広がっていくと思う。僕のことを嫌いになってもいいけど、ラグビーのことは嫌いにならないでください」と会場の笑いを誘った。家に帰ってからテレビでもう一度見る“二段階観戦”がオススメ
また、昨年のワールドカップをきっかけに“にわかファン”が増えたことが話題となったが、これからラグビーを見る人たちに向けて大西は「競技場で見て不思議に思ったシーンを覚えておき、家に帰ってからテレビでもう一度見る“二段階観戦”がオススメですね」とアドバイス。しんやは「まずは、3つのルールを覚えておくと良いと思います。ノックオン(ボールを前に落としてしまう反則)、スローフォワードボールを前に投げる反則)、ノットリリースボールタックルを受けて倒されたプレーヤーボールを離さない反則)を覚えておくだけでも、試合の見方が分かってくるはず」と解説した。

注目選手は竹山晃暉選手(パナソニック ワイルドナイツ)と松島幸太朗選手(サントリーサンゴリアス)
しんやさん
続いて話題は、1月12日から始まった『ジャパンラグビー トップリーグ2020』へ。注目選手として大西が挙げたのが竹山晃暉(パナソニック ワイルドナイツ)選手。
「もちろん日本代表選手は注目ですが、次のワールドカップに向けてニュースターが誕生してほしいですね」
と期待を語った。しんやは、同じく竹山晃暉選手と松島幸太朗選手(サントリーサンゴリアス)をピックアップ。「彼らがボールを持ったら、圧倒的に試合が盛り上がります!」と熱弁をふるった。


優勝予想はフランスイングランド
さらに、2月1日に開幕したヨーロッパラグビー強豪6カ国が参加して行なわれる大会『シックス・ネーションズ』に話がおよぶと、大西は「ワールドカップで日本はアイルランドに勝ちましたが、実は今まで勝ったことがなかった相手でした。アイルランドはそれぐらい強く、伝統あるチーム。これからは、こういった強豪にもコンスタントに勝たなければなりません。ぜひ、『シックス・ネーションズ』を見て、次のワールドカップに向けて世界のチームの情報収集をしてほしいです」と解説。
今回の大会における優勝チーム予想について質問されると、大西は「フランスは昨年のワールドカップで若い選手を多く使っています。前回のワールドカップで優勝するよりも、2023年の自国開催大会で優勝したいという思いから経験を積ませたのだと思います。それがあって一皮向けた今、さらに強さを増していると感じます」と分析。シックス・ネーションズの第1節でフランスワールドカップ準優勝のイングランドを破る絶好のスタートを切ったことにも現れているとも述べた。しんやは、「攻撃的なラグビーで、ワールドカップで準優勝という結果を残しているイングランド」と予想した。

ラグビーは今、WOWOWJSPORTSJ:COMで見ることができます
イベントの最後には、ゲストそれぞれからラグビーに対する想いをコメント。大西は「これからがラグビーの勝負だと思います。スポーツは、より良い社会をつくる意味でも必要なもの。ラグビーもその中の一つとして応援してほしいですね」と語りかけた。しんやは「ラグビーは今、WOWOWJSPORTSJ:COMで見ることができます。視聴機会も増えて、ラグビーを楽しむ環境が整ってきました。皆さんも、是非ラグビーを見てください!」と熱く訴え、イベントを締めくくった。



配信元企業:株式会社ジュピターテレコム

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ