株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、Webサイト「イマツイ」にて、「日本」が国内外でどのように語られているかをTwitter全量データから分析しました。

アメリカイギリスイタリアカナダドイツフランスとG7にあたる6カ国での日本に関連する話題量を分析した結果、日本のことが「好き」の文脈には言語や食といった「文化」が現れ、日本固有の文化に対して誇りや愛着を持っているユーザーが多いようです。

JAPAN」を含むツイートにどのような語が共起する傾向にあるかを分析し、海外のユーザーに日本がどのように語られているのかを掘り下げたところ、「旅行」にまつわるワードが多数現れる結果となりました。日本が観光立国を宣言し久しく経ち、訪日外国人の数も年々増加傾向にあることから、Twitter上でも「travel」「tour」「trip」といった旅行関連語が多く投稿されました。

2020年、さまざまなイベントが控える日本は、海外からの注目度も更に高まると予想されます。



■掲載URL
 以下URLから閲覧できます。
 http://imatsui.com/seasonal_topics/post_189/

■分析概要
・諸外国から見た「日本」に関する話題分析
 分析対象:「Japan」など日本を指すツイート
 分析期間:2019年1月1日2019年12月31日
・国内での「日本」に関する話題分析
 分析対象:「日本好き」に関連するオーガニックツイート
 分析期間:2017年1月1日2019年12月31日

■イマツイについて
 Twitterを主とするソーシャルメディアに上がる生活者の声をリアルタイムに解析し、そこから世の中の変化のシグナルをいち早くみつけ、蓄積した大量のデータを元にこれまでにない深いインサイトを、ビッグデータ特有のノイズや複雑さを排して、分かりやすくおもしろくお届けする、ビッグデータ時代の新しい形のニュースサイトです。

URLhttp://imatsui.com
ツイッターhttps://twitter.com/imatsui_desk
Facebookhttps://www.facebook.com/imatsuinews

■注釈
 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

配信元企業:株式会社NTTデータ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ