『連続ドラマW オペレーションZ ~日本破滅、待ったなし~』の特報映像とポスタービジュアルが公開された。

3月15日から放送される同作は、真山仁の小説『オペレーションZ』を映像化するもの。1,000兆円超の借金を抱える日本の財政問題を背景に、総理大臣・江島隆盛が、周防篤志ら精鋭の財務官僚4人を集め「日本の未来のために一般会計の歳出を半分にする」と宣言し、「オペレーションZ」と名付けられた特命プロジェクトを結成するというあらすじだ。強い信念を持って国を危機から救おうと奮闘する総理大臣・江島隆盛役に草刈正雄キャスティング財務省官僚役の溝端淳平、高橋メアリージュンらも登場。

特報映像では「借金1000兆円 国家破綻の危機」といったテロップや、江島隆盛の「日本政府は再来年度の予算で歳出を半分にします」という台詞、溝端淳平演じるプロジェクトのキーパーソンとなる財務省官僚・周防篤志、高橋メアリージュン演じる同じく財務省官僚の中小路流美の姿などが確認できる。

国会議事堂を背景にしたポスタービジュアルには「革命か、亡国か。非常識で野蛮な改革が、今、始まる――。」というコピーと共に江島隆盛、周防篤志、中小路流美の姿が写し出されている。

『連続ドラマW オペレーションZ ~日本破滅、待ったなし~』ポスタービジュアル