【動画はこちら】

動画は2分35秒あたりからどうぞ。

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」で新型コロナウイルスコロナウイルス が蔓延している件で、問診票の回収や体温測定を担当していた検疫官1人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

冒頭の動画は2020年2月12日午前中に加藤厚生労働大臣の会見の様子。記者と下記のようなやりとりがありました。

記者「検疫官なのですが、マスクとか手洗いとか対策はどこまでやられていたのでしょうか?防護服なども着られていたのでしょうか?」

加藤厚労相「いえ、防護服は特段必要ありません。通常の対応ですから。マスク・手袋の着用という行動ルールを決めていますから、そのルールに乗っ取ってやってもらうということで対応しているはずですが、もう一回そこを確認する。」

感染した検疫官は、体温を測定する業務をしており、客室に入ることもあったということ。しかし全身防護服やゴーグルは身につけてなかったという事です。

下はダイヤモンドプリンセスの乗客が撮影した動画。確かに誰も防護服を着ていないです。

また、検疫官は翌日には横浜で通常勤務をしており、家族や一緒に仕事をしていた人に外出を控えるようにお願いしているということ。

加藤厚労相は「感染防止の徹底を図る」と言いつつ「防護服は必要ない」と言っていて、ちょっと意味が分からないです。。

【動画はこちら】

【新型コロナ】もはや人災の様相。。軽装でクルーズ船に入った検疫官がたった1日で感染!それでも加藤厚労相は「防護服は必要ない」とコメント!