写真提供: Gettyimages

いよいよ1週間後にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントが開幕する。19日(水)にはアトレティコ・マドリードリバプールボルシア・ドルトムントパリ・サンジェルマンと注目試合が目白押しだ。

シーズン期待がかかるのが、プレミアリーグで圧倒的な強さを見せているリバプールの2連覇だ。昨シーズントッテナム・ホットスパーを破り優勝を決めたリバプールは、2連覇を成し遂げることができるだろうか。

一方で、他クラブからすればリバプールの連覇を何としても阻止したいだろう。そこで今回は、リバプールの連覇を止める力を持った3つのクラブをご紹介する。


写真提供:Gttyimages

レアル・マドリード

CLと言えばレアル・マドリード。それほどまでに欧州最高峰の舞台で成功を収めてきたのがこのクラブだ。2014年からの5年間で4度の優勝、通算で13回優勝を成し遂げている最強のクラブだ。

シーズンのマドリードは、クリスティアーノ・ロナウド退団の影響を大きく受けたと言っていいだろう。最も大きなモチベーターを失ったチームパフォーマンスは大幅に低下した。

しかし、今シーズンの彼らは違う。ジネディーヌ・ジダン監督を呼び戻し、第23節までを終えて15勝7分1敗で首位をキープ。現在リーグ5連勝中と好調だ。特に、カンプ・ノウでのエル・クラシコで負けなかったことが、今シーズンの強さを象徴している。

マドリードの代名詞ともいえるCLの舞台で、リバプールを下す姿を想像するは難しいことではない。おととし(決勝でリバプールを撃破)の再現に期待だ。


写真提供: Gettyimages

バイエルン・ミュンヘン

バイエルンが最後にCLで優勝してから、7年の月日が経とうとしている。この7年間で、リーグタイトルは数多く手にしてきたバイエルンだが、CLタイトルは0。サポーターを含め、欧州最高峰への欲望は高まっている。

シーズンは好調なライプツィヒドルトムントの後塵を拝す時期が長かったものの、気づいてみれば首位に返り咲いている。特に、エースロベルト・レバンドフスキは絶好調で、21節までを終えて22ゴールと得点を量産している。

シーズンは、リバプールに決勝トーナメント1回戦で敗れたバイエルン。ただ、アンフィールドで同クラブと互角に戦ったのは事実だ。今シーズンはセルジュ・ニャブリがより力をつけ、トーマス・ミュラーも完全復活。破壊力抜群の攻撃力で、リバプール破ることができるかもしれない。


写真提供: Gettyimages

ユベントス

ユベントスが欲しくて欲しくてたまらないもの。それがCLのタイトルだ。同クラブが最後に欧州の頂点に立ったのは1996年2015年2017年に決勝まで進出したが、スペインの2大巨頭を倒すことができなかった。

そのユベントスは、2018年夏の移籍市場でC・ロナウドを獲得。昨シーズンは21ゴールと同選手としては物足りない成績だったが、今シーズンは23節までを終えて20ゴールと絶好調だ。シーズン序盤の不調ぶりが嘘かのように得点を量産している。

シーズンユベントスは、マウリツィオ・サッリ監督の下での戦い方が固まってきている。パウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインのペアは、ユベントスの攻撃を1ランク上に引き上げた。最終ラインの層に不安(デミラルとキエッリーニが負傷離脱)はあるものの、それ以外に大きな問題はない。悲願の優勝に向け、準備は万端だ。