2019年10月に新創刊した、昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン『昭和50年男』。210日に、vol.003「オレたちの女神」が発売。過去2号は臨時増刊としての発売だったが、この第3号において異例のスピードでの独立創刊を果たした。


 1980
年代後半、思春期を迎え、色気づいてきた昭和50年男たちは当然、様々なメディアを通して出会った魅力的な女の子たち女神(MEGAI)たちに夢中になっていった。そんな昭和50年男にとっての女神たちを一気に振り返ってみようというのが、今回の総力特集「オレたちの女神」だ。
 この記念すべき独立創刊号の特集テーマを受けて、カバーガールとなったのが、昭和50年男の中学高校時代にかけて忘れがたいドキドキを与えてくれた、桂正和原作のマンガ電影少女』より、ビデオガール・天野あい。『電影少女』は『週刊少年ジャンプ』での連載開始から2019年30周年を迎え、乃木坂46メンバービデオガールを演じた2年連続の実写化ドラマも話題を呼んだ。

 特集内の記事では『電影少女』を中心に『ウイングマン』『Is〈アイズ〉』などの週刊少年ジャンプ連載作品を取り上げ、各作品に登場した現実の女の子よりかわいい女神キャラたちを紹介。原作者・桂正和も登場し、かわいすぎる女神キャラ創造の秘密を聞いている。

 

 

 総力特集「オレたちの女神」は、全体としては「CHAPTER 1」~「3」の三部構成となっており、「CHAPTER 1」では当時のリアルアイドルを中心に、「CHAPTER 2」では音楽分野から、「CHAPETR 3」ではフィクションの世界から、マンガアニメドラマ、そしてテレビゲームなどなど……昭和50年男が憧れ、夢中になった代表的な女神たちを網羅している。
 「CHAPTER 1 リアル系」では、おニャン子ブーム後には冬の時代と言われながらも様々な形を模索し、昭和50年男にはど真ん中で印象を残した、当時のアイドルたちを中心に、女子プロレス界、グラビア界からも女神たちを召喚。西村知美、元Wink相田翔子、元CoCoの宮前真樹、宍戸留美さとう珠緒キューティー鈴木、小室友里と、多彩なジャンルアイドルな女神たちがそろい踏みとなった。
 さらに、「CHAPTER 2 音楽系」では、ガールポップの時代を代表して永井真理子ロボットアニメの歌姫・鮎川麻弥、「CHAPTER 3 フィクション系」では『魔法の天使 クリィミーマミ』で歌い演じた太田貴子のインタビューも掲載。女神たちの語る、往時の様々なエピソードから、時を重ねた現在の心境までどのパートも読みごたえたっぷりの特集に仕上がっている。

 ズバリの昭和50年男はもちろん、それ以外の世代も楽しめる『昭和50年男』vol.003を手に取り、あの頃の「オレたちの女神」へ熱い想いを呼び起こしてみてはいかがだろうか。

『昭和50年男』vol.00320203月号) 
発売中
クレタパブリッシング発行
定価780(税込) 

『昭和50年男』公式ウエブサイト
https://www.crete.co.jp/s50otoko/