お笑いタレントキンタロー。さんがはじめての子育てで落ち込んでいる自身に掛けてくれた助産師の言葉を明かした。

キンタロー。さんは2020年1月28日に第1子長女を出産。ブログでは授乳がうまくいかないことや、へその緒を紛失してしまったことなどを明かしている。

「赤ちゃんすごく穏やかに育っていますよ」

キンタロー。さんは2020年2月12日ブログを更新し、

「今日は朝から助産師さんと退院にむけてちびキン。ちゃんに生乳なれてもらうべく特訓しました」

と助産師と長女とともに授乳の練習をしたことを報告。特訓後の長女の写真もアップし、「ちょっとお疲れモード」と長女の様子をつづった。

また、キンタロー。さんは、

「優しい助産師さんが昨日落ち込んでいた私に色々と言葉をかけてくださりその言葉に涙しました」
赤ちゃんすごく穏やかに育っていますよママの愛情が届いてるからと言って頂き張り詰めていたものがこみあげてきました」

と優しい言葉に心打たれたとのこと。現在、キンタロー。さんは毎日子育てに頭を悩ませているといい、へその緒紛失もショックを受けてしまったという。そんなとき助産師さんに言葉を掛けられたことで

「はりつめていた気持ちがゆるみ涙でてきました」
「そうとう落ち込んでしまったので暗い顔でもうろうとしていたのかもしれません」

と思わず涙が出てしまったことを告白。

「一歩一歩成長していけたらなぁと」
「母乳も少しずつあんまり思いすぎると母乳に響くそうで余裕の気持ちで帰宅後も練習していこうと思います」

と前向きに語っていた。

育児に奮闘するキンタロー。さん