日本一ソフトウェア2020年4月に発売予定の、女装覚醒アドベンチャー「ボク姫PROJECT」について、謝罪動画を2月12日に公開。全年齢を目標に掲げつつも、審査でB判定(12才以上推奨)になってしまったことを報告しています。なんとなく……そんな予感してた。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 本作は、女子生徒率99%の超お嬢様学校「私立百合愛学園」が舞台。学園のルールは「可愛さ」こそ全て!その学校に、事件に巻き込まれた主人公「伊草ミナト」が女子生徒として入学。ミナトは男は女の子を守るものという考え方をもち、強い男を志す少年。にもかかわらず、女装してお嬢様学校へと潜入することとなり、さらに学園最高峰の美少女「四姫」たちとの人気対決で、美少女の頂点を目指していくという物語です。

 2019年7月に開発決定が発表されていますが、当初から「全年齢向け女装ゲーム」が掲げられていました。ところが、発売前約2か月というこの段階で、なんとレーティング審査の結果が「CERO B」(12才以上推奨)判定。

 公開された動画では、原作者の「プリニー店長」が冒頭から正座で登場。レーティング審査の結果をつたえ、「全年齢向け女装ゲーム」が実現しなかった無念さを伝えています。

 そして動画では、特に「胸を張って“女装ゲーム”をプレイしたいと願う、全国の小学生の皆様のご期待を裏切ってしまいましたことを、心よりお詫び申し上げます」と土下座

 これまで掲げていた「全年齢向け女装ゲーム」を改め、今後は「ほぼ全年齢向け女装ゲーム」として活動すると表明しています。

 この「ほぼ」の部分については、規定に接触したのが比較的少ない要素として、「キス、抱擁、性的なものを想起させる表現、水着・コスチューム、出血表現、虐待」の6要素を挙げて、「老若男女どなたでもお楽しみいただける女装ゲームを作りたいと願う」「スタッフの嘘偽りないことを示す言葉」だと説明しています。

 「全年齢向け女装ゲーム」改め、「ほぼ全年齢向け女装ゲーム」となってしまった女装覚醒アドベンチャー「ボク姫PROJECT」は、2020年4月23日発売予定。対応機種は、PlayStation4およびNintendo Switchで、価格はパッケージ版/ダウンロード版ともに6980円(税抜)となっています。

<参考・引用>
女装覚醒アドベンチャー「ボク姫PROJECT」公式サイト
ボクPROJECT【2020/4/23発売】(Twitter:@nis_bokuhime
YouTube日本一チャンネル【ボク姫PROJECT】「全年齢向け女装ゲーム」に関するご報告【日本一ソフトウェア】
※画像はYouTube日本一チャンネル」のスクリーンショットです。

(栗田まり子)

全年齢目指した女装ゲー「ボク姫PROJECT」が土下座謝罪 審査の結果Bに…… 今後は「ほぼ全年齢向け女装ゲーム」として活動