【動画はこちら】

和歌山県が男性医師(50代)が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。男性医師は発熱後も患者の診察をしていたということです。感染ルートは分かっていません。

和歌山県は院内の患者全員に検査を実施し、「接触者外来」を設け、熱やせきなどの症状がある人に受診を呼び掛けています。

ネットには「初めからもっときちんと対策をするべきだった」「とうとう来たか」「感染ルート不明。。」「今後感染者が増えていきますね」などのコメントが寄せられています。

医師なのになぜ発熱後も診察を続けていたのでしょう。。考えが甘かったかもしれません。

【2020/2/14 11:00 追記】

病院を受診した70代の日本人男性の感染が新たに確認され、重症ということです(共同通信)。

【動画はこちら】

「とうとう来たか」国内の医療従事者で初の医師の新型コロナ感染!感染ルート不明で患者も重症!