ユヴェントスに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンに、“宝物”が一つ増えたようだ。13日、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 13日に行われたコッパ・イタリア準決勝ミラン戦(1-1)でフル出場を果たしたブッフォンは、試合後にミランU-19イタリア代表MFダニエル・マルディーニとユニフォームの交換を行った模様。D・マルディーニは2001年10月11日まれの18歳で、父親はミランレジェンドである元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏だ。3日に行われたセリエA第22節ヴェローナ戦でデビューを果たした同選手は、ユヴェントス戦でもベンチメンバーに入っていた。

 42歳のブッフォンは試合後、満面の笑みを浮かべて報道陣の前に姿を現すと、「僕は、エンリコ・キエーザとその息子(フェデリコ)、リリアン・テュラムとその息子(マーカス)、ジョージ・ウェアとその息子(ティモシー)、パオロ・マルディーニとその息子の(ユニフォーム)コレクションを持っている。今度は彼らの孫を待つことにするよ!」とジョーク交じりに答えたという。

ブッフォンの手に握られているのは… [写真]=Getty Images